バスルーム,リノベーション,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

バスルームをリノベーションする費用や相場を安くする方法とは?

一日の疲れを洗い流す場でもある「バスルーム」。

 

 


家の中の水回りでは最も多くの水を使用する場ですし、それによるカビ、湿気、汚れなどの問題には何かと頭を悩ませられるところですよね。

 

 

 

そんなお悩みを一発解決に導いてくれるのがバスルームのリノベーションです。

 

 

 

今回はデザイン性や機能性を大きく向上させるバスルームのリノベーションの費用はどのくらいになるのか、安くするためにはどんな方法があるのかをご説明させていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

<バスルームのリノベーション相場>

バスルームにも様々な種類がありますが、ほとんどのご家庭ではユニットバスになっているかと思います。

 

 

 

ここではユニットバスを前提として、おおよその相場を見ていきたいと思います。

 

 

 

 

まず、バスルーム全体のリノベーション相場が「80〜150万円」の範囲になります。

 

 

 

 

目安としては以下のように分ける事ができます。

 

 

 

 

最も多い従来品:80〜100万円
部材がちょっと高級:90〜120万円
明らかに高級品:130〜180万円

 

 

 

 

価格帯の幅は広さも関係してきますが、おおよその相場として考えていただいて差し支えないかと思います。

 

 

 

これらの相場に工賃などを含みますので、50万円前後は上乗せされると考えましょう。

 

 

 

ここに、浴室乾燥や浴室テレビ、ジャグジーなんて付けたりしたら、更に30〜50万円ほどは上乗せされます。

 

 

 

 

色々な費用が出てきたので、イマイチ全体的な相場が分かりづらいかもしれませんが、まとめると以下のようになります。

 

 

 

 

商品代金:80〜150万円
工賃:30〜50万円
オプション:10〜30万円

 

計:120〜230万円

 

 

 

 

 

 

 

 

<バスルームのリノベーション費用安くしたいなら知っておくべき事>

では、もう少しバスルームのリノベーション相場のお話にお付き合いください。

 

 

 

そもそも、バスルームのリノベーション費用をもう少しだけ細かい内訳にすると以下のようになります。

 

 

 

 

商品価格:80〜150万円
ユニットバスの組立て工賃:10〜15万円
既存のユニットバスの解体工賃:5〜7万円
廃材処理:3〜5万円
水道や排水管工賃:3〜5万円
電気工事:3〜5万円
その他諸経費:5〜10万円

 

合計:109〜200万円

 

 

 

 

これらを見みても、安くできるもの安くできないものが何かなんて、イマイチ分からないですよね。

 

 

 

ただ、一つ言える事として、商品自体は各業者さんで仕入れた価格というものがありますので、そこまで大幅に安くできない事はお分かりいただけるかと思います。

 

 

 

廃材の処理に関しても、処理費用というのは法律に沿ったものになりますので、安くできる幅はほとんどないと考えた方が良いでしょう。

 

 

 

 

となると、価格について相談できそうなのが「工賃」という事になりますが、リフォーム業者さんも利益を出さなければ経営が成り立ちませんから、「80%OFF!」なんて驚き価格にまで下げる事は難しいでしょう。

 

 

 

 

つまり、「どれかをカットする」という考え方よりも「平均的に料金をダウンさせる」という事が重要になります。

 

 

 

では、各費用を平均的に下げるためにはどのような方法があるのかを見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<バスルームの費用を下げる方法>

・見積もりは必ず複数の業者さんに依頼する

 

 

 

 

バスルームのリノベーションとなると、各ユニットバスメーカーで様々な魅力ある商品を販売していますが、それらを業者さんが仕入れて工賃と併せてリフォーム費用としています。

 

 

 

個人的によほどお気に入りのメーカーやリフォーム業者さんがあるという事であれば別ですが、そうでなければ必ず複数の業者さんに見積もり依頼をすべきでしょう。

 

 

 

1社だけへの見積もりだと大問題になるという事ではありませんが、大事なのは「業者別に比較する」ということです。

 

 

 

費用、商品、対応の良し悪しなど、総合的に見て信用できる業者さんを選び、尚且つ予算に対して適切なアドバイスが貰える業者さんを選ぶことが重要です。

 

 

 

 

・費用の内訳は必ずチェック

 

 

 

 

そもそも、謎の費用を上乗せして請求するような業者さんは信用すべきではありませんが、見積書を見ているとよく分からない費用項目や、本来必要ない工賃が含まれている場合があります。

 

 

 

見積書を確認して、不明点は必ず確認し、それが必要ないものなのであれば予算を抑えたい旨を伝えて見積もりから除外してもらうように相談しましょう。

 

 

 

 

 

・型落ち、グレードダウンという手も

 

 

 

 

システムバスも一つの商品ですから、型落ちの物や訳アリ品というものが存在します。

 

 

 

もちろん、新品しか取り扱っていない業者さんもありますが、特別なこだわりがない限りは型落ち品や、一つ下のグレードの商品にする事で大幅に費用を抑えられる場合があります。

 

 

 

とはいえ、安かろうわるかろうでは本末転倒の結果になりかねませんので、業者さんとシッカリ相談すると良いでしょう。

 

 

 

 

・値下げ交渉も必ず行いましょう

 

 

 

 

さて、上記までで工賃のお話を少々させていただきましたが、やはりここも安くするための重要なポインントとして考えておきたいところですね。

 

 

 

改めて申し上げますが、リフォーム業者さんも商売ですから安くするにも限界があります。

 

 

 

そこで、「予算を抑えたい」という事が前提にあるという事は見積もりの時からシッカリ伝えて、見積書が提示されたら必ず最後の値下げ交渉も行いましょう。

 

 

 

値下げ交渉のコツは、相手との駆け引きを楽しむことです。

 

 

 

変に高圧的な態度で臨んでも良い結果はでませんので、「ここ、安くなりません?」「もうちょっと安くなったら即決なんだけどな〜」なんて言いながら、会話やコミュニケーションの一つとして交渉してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

 

お風呂のリフォームを依頼するならリショップナビを使うのが良いですね!

 

 

 

リショップナビを使うことによってリフォーム業者の一括見積もりを取ることができ、格安で質が高いリフォーム業者を見つけることができます。

 

 

しかも利用料金は一切かからず完全無料で使えるので、お得に安くリフォームしたければリショップナビの利用がベストです。

 

 

リショップナビ

今持っている土地の値段はいくらかすぐにわかります!

関連ページ

お風呂のリフォーム費用はどのくらいかかる?
お風呂のリフォーム費用はどのくらいかかるのでしょうか? リフォーム費用を安くする方法も教えます!
お風呂のリフォーム費用の目安は?
お風呂のリフォーム費用の目安はどうなっているのてしょうか? 分かりやすく解説させていただきます!
浴室タイルのリフォームの値段や相場は?
浴室タイルのリフォームの値段や相場どうなっているのか解説させていただきました!
マンションの風呂場のリフォームをやる利点や費用は?
マンションの風呂場のリフォームをやる利点や費用はどの程度かかるのか分かりやすく解説しました!
お風呂のリフォームを激安で終わらせるためには?
お風呂のリフォームを激安で終わらせるためにはどうしたら良いかまとめました。
風呂場をリフォームする値段の目安は?
風呂場をリフォームする値段の目安を解説させていただきます!
バスルームのリフォーム費用を大きく安くする方法とは?
バスルームのリフォーム費用を大きく安くする方法を解説させていただきました!
狭い浴室をリフォームするには?料金を安くする方法も解説!
狭い浴室をリフォームするにはどうしたら良いのでしょうか?料金を安くする方法も解説しました!
浴室リフォームのおすすめはリショップナビ!
浴室リフォームのおすすめはリショップナビです! リショップナビを使えば浴室のリフォームを激安にすることができます。
浴室パネルのリフォームの値段や相場はどれくらいする?
浴室パネルのリフォームの値段や相場はどれくらいするのか分かりやすく解説しました!
浴室洗面所のリフォーム費用の相場とは?
浴室洗面所のリフォーム費用の相場はどうなっているのか解説させていただきました!

ホーム RSS購読 サイトマップ