サービス付き高齢者向け住宅,土地活用,建築費用,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

サービス付き高齢者向け住宅で土地活用して成功するためには?

今後も需要拡大が見込むことができて、高齢化社会の需要を見事に捉えているサービス付き高齢者向け住宅。

 

 

 

 

実際に高齢化社会が今後ますます促進するのは確実であり、将来性を重視しているオーナーはサービス付き高齢者向け住宅の建築に乗り出して賃貸経営を行っています。

 

 

 

 

 

 

さて、一戸建て建築やアパート建築など、様々な土地活用方法がある中、なぜサービス付き高齢者向け住宅を選ぶ必要があるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅のメリットやデメリットは?

 

 

 

 

 

 

そもそも建築費用はいくらなのか?

 

 

 

 

 

これらの情報をまとめて解説させていただきます。

サービス付き高齢者向け住宅のメリットは?

大切なのはメリットを知ることですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

一戸建て建築やアパート建築、駐車場経営といった様々な土地活用方法があるのになぜサービス付き高齢者向け住宅を行うべきなのかよくわからない方も多いです。

 

 

 

 

 

 

そこでまずはわかりやすくメリットの方から解説させていただきます。

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅は間違いなく需要が伸びる

 

 

 

私はサービス付き高齢者向け住宅の需要は今後間違いなく伸びると思っています。

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅は国策と言っても過言ではないほどであり、国がサービス付き高齢者向け住宅の普及を促進しているのです。

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅を建築・運営するための補助金制度なども設けられており、「国策に売りなし」という投資の格言がある通り今後の需要を狙っていくのであればサービス付き高齢者向け住宅は将来性が高い投資になります。

 

 

 

 

 

 

先程も申し上げましたが、日本は少子高齢化の進行が深刻です。

 

 

 

 

だからこそサービス付き高齢者向け住宅が輝くのであり、サービス付き高齢者向け住宅という形で賃貸経営を行って安定した賃貸収入を得ることが可能です。

 

 

 

 

 

 

また、将来の利用を考えている健常者の方も対象にしているのが良いです。入居者は福祉サービスが不可欠な人だけではないのですね。

 

 

 

 

田舎でも活用できるのが魅力

 

 

 

 

 

個人的に一番大きなメリットでないかと思っているのはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅は立地が悪くても活用することができますし、収益力もそれなりに高いです。

 

 

サービス付き高齢者向け住宅で土地活用して成功するためには?

 

 

 

一般的な賃貸経営の需要がない田舎でも、高齢者の方が多く住んでいるのであれば問題なく稼働することが可能です。

 

 

 

 

 

中高齢層の比率が多い地域なら潜在的な入居対象になるのですね。

 

 

 

 

 

 

一般的な賃貸経営物件だと利便性の高い場所から入居者が決まっていくことがほとんどなんですよ。

 

 

 

 

 

例えばマンション経営。こちらは立地ありきで成り立っていると言っても過言ではなく、とにかく駅チカが求められます。

 

 

 

 

 

 

 

なぜならばマンションを借りる層が現役のビジネスマンが多く、できるだけ通勤の時間の手間を省いたり余計な時間は削減したりしたいという人がマンションを借りるからです。

 

 

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅は違います。

 

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅に入居する人はほとんどは仕事から引退した方ばかりです。そのため、一般向け住宅と違って田舎の自然豊かな環境でも十分入居者が決まるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に離れて暮らす家族が心配してサービス付き高齢者向け住宅に入居させるパターンが多く、「自然環境が豊かで老後を安心して過ごしやすいサービス付き高齢者向け住宅」は満室経営が見込めるだけのポテンシャルがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎の土地活用方法はほとんどないのが現状でしたが、サービス付き高齢者向け住宅のお陰で田舎でも十分収益力が上がる土地活用ができるという点が嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

面会者の方がサービス付き高齢者向け住宅の入居を決めるパターンが多いのですが、この場合でも大丈夫です。

 

 

 

 

 

生活に車が必要な地域だと交通の便が少し悪くても問題ないのです。というのも毎日面会に来る人はごく少数ですし、大半の人は週末などに面会に来ます。

 

 

 

 

 

 

そのときに多少車を走らせたとしても不都合はございません。田舎でも十分活用することができるのがサービス付き高齢者向け住宅の長所です。

 

 

 

 

 

 

 

入居者様もお年寄りの方がメインになりますので、様々なところに遊びに行って遠出したいという需要も少ないんですよ。

 

 

 

 

 

 

そのため、駅チカが良いとか利便性が長けていないとダメとかは考える必要はございません。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、高齢者の方は今まで住んでいた地域から離れたくないという人が多いです。

 

 

 

 

それと同時に今まで住んでいた家から離れたくないという意識が強い方も多く、仕方ないからという理由で家を離れることが多いのが現状になります。

 

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅は確かに需要があるのですが、「仕方ないから」というレベルになるまで入居させない方が多いのです。

 

 

 

 

 

 

だからこそサービスの質が大切になるのですね。

 

 

 

 

 

 

元々入居するのが嫌なほどサービスに関してこだわる傾向がございます。今まで住んでいた家を離れて満足して頂くのが大切なので、サービスの質が高い管理会社に任せるのが一番良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

また、老人ホームの施設と比較されることも多々ございますので、サービスの質が高くないといけないのが現状です。

 

 

 

 

 

使い道のない田舎の土地があるのであれば、私だったら間違いなく良い管理会社を見つけてサービス付き高齢者向け住宅を選択します。

 

 

 

 

田舎の土地活用方法でここまで将来性があって需要があるのはなかなかございませんからね。

 

 

 

 

乱立する分野ではないので差別化が容易

 

 

 

 

 

 

これも魅力的な長所ですね。

 

 

 

乱立している分野として有名なのはアパート経営。アパート経営は利回りも高くて設けやすいという意味で素晴らしい土地活用方法なのですが、融資の受けやすさや参入のしやすさからアパート経営の競争が激しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅は別ですね。

 

 

 

 

 

 

アパート経営がレッドオーシャンだとするならば、サービス付き高齢者向け住宅はブルーオーシャンです。

 

 

 

 

 

というのもこれはデメリットと言える部分になりますが、サービス付き高齢者向け住宅は経営が楽ではないんですよ。

 

 

 

 

 

 

実際にサービスを提供するためのスタッフを雇用する必要がございますし、スタッフの対応のレベルが高くないとクレームに繋がることもございます。

 

 

 

 

 

賃貸経営の側面もありますが、サービス事業という面も非常に強いのですね。

 

 

 

 

 

 

更に言えば様々な土地でサービス付き高齢者向け住宅を建築することができますので、広範囲に渡って経営することができるから競争が激しくないという利点があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

更に言えば一度入居した人は退去しづらい傾向があり、やり方や方法によっては美味しい投資になることが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

高齢化社会に貢献できるのが素晴らしい

 

 

 

 

私は、仕事や事業は人様に貢献してこそお金が得られるものだと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅に関しても同様で、質の高いサービスを提供しないと入居者の方が満足しないで稼げないという事情がございます。

 

 

 

 

しかし、逆に言えば質の高いサービスを提供して快適な暮らしを提供すれば、それだけで一人のお年寄りを幸せにすることができる素晴らしい事業なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢化社会に貢献することができるのは社会的意義もとても高いです。

 

 

 

ただ利回りが高くて儲かるというだけではなく、「地域社会や高齢化社会の役に立つ」という側面で見てもサービス付き高齢者向け住宅は充実感がある事業になります。

 

 

 

 

 

 

人間は他人の役に立つことによって喜びを感じる生き物ですからね。

 

 

人様の役に立つことをしたいのであればサービス付き高齢者向け住宅の運営は最適でしょう。

サービス付き高齢者向け住宅のデメリットは?

・田舎の土地も活用することができる

 

 

・今後高齢化社会が進行していくので需要が高い

 

 

・素晴らしい社会貢献できる

 

 

 

 

 

このように大きなメリットがあるサービス付き高齢者向け住宅ですが、当然のことながらデメリットもございます。

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅を経営するデメリットは以下のとおりですね。

 

 

 

提供するサービスは高い質を問われる

 

 

 

提供するサービスは適当で良いというものではございません。

 

 

サービス付き高齢者向け住宅で土地活用して成功するためには?

 

 

サービス付き高齢者向け住宅は老人ホームと勘違いして入居させる方も多く、高いサービスを提供しないと満足できない傾向がございます。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、レベルの高いスタッフを揃える必要があるのがサービス付き高齢者向け住宅のデメリットです。

 

 

 

 

 

 

普通、土地活用というと不動産ありきで活用することが多いのですがサービス付き高齢者向け住宅は人間ありきですね。

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅で働いてくれるスタッフの質が高くないとどうしようもないのです。提供するサービスを高い質で提供することによって退去率を大幅に低くすることができるので、管理会社の選定が一般の賃貸経営より大変です。

 

 

 

 

 

 

 

良い建物を建築してもサービスの質が低いと入居者を失ってしまうのです。管理会社選びがサービス付き高齢者向け住宅の成功の鍵を握ります。

 

 

 

 

自主運営すると大変

 

 

 

 

 

 

実際問題、サービス付き高齢者向け住宅を自主運営する人はほとんどいません。

 

 

 

 

自主運営となると土地活用というよりも1つの事業になります。人を使ってお金を稼ぐという側面が求められるので、スタッフのケアや管理能力も求められるのです。

 

 

 

 

 

 

 

自主運営するとスタッフを自己調達する必要があったり、別会社に委託して経営を行ったりする必要がございます。

 

 

 

 

 

ただ、地主自らサービス付き高齢者向け住宅を経営することはほとんどなく、大半の人は管理会社を見つけてその会社に経営を任せています。

 

 

 

 

 

 

もし自主経営するとなると非常に労力が多くて不労所得とは程遠い状態になるのでそこはご理解くださいませ。

 

 

 

 

 

 

管理会社に任せれば完全不労所得になるが、その分利益は減る

 

 

 

 

ほとんどの地主の方は管理会社に全てを任せており、何もすることなく毎月賃料を受け取って不労所得を確保しています。

 

 

 

 

 

 

これはとても良いことですが、間にサービス事業者が入ることによって収益力が低下するのがデメリットですね。

 

 

 

 

手残りが少なくなるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

管理会社に任せるのはいくつかのケースがございまして、完全不労所得を目指すならサービス付き高齢者向け住宅そのものを一括借上げという形で貸し出すのが良いですね。

 

 

 

そうすることによって労なく不労所得を確保することができるのですが、やはり手残りは低下してしまいます。

 

 

 

 

 

 

大きく儲けて多少労力が発生することも構わないのであれば自主経営を行うか、アパート経営を選択した方が良いですよ。

サービス付き高齢者向け住宅と老人ホームの違いとは?

 

最も大きな違いは契約形態にございますね。

 

 

 

 

老人ホームの場合だと利用券契約という形で契約を結び、入浴サービスや清掃サービスなどのいずれかを選択する方式になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅は主に賃貸借契約になります。

 

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅は日中は職員が常駐しているのが基本であり、安否確認や生活相談サービスなどを提供します。

 

 

 

 

 

 

 

正直な話、老人ホームとあまり違いはないですよ。

 

 

 

 

 

1つ違いを挙げるとするならば、老人ホームは体が不自由な人や生活に支障をきたすレベルの人が入居することが多いのですが、サービス付き高齢者向け住宅は比較的元気な高齢者のための施設です。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、サービス付き高齢者向け住宅は安否確認サービスと生活相談サービスの2つしか義務付けされていないのです。

 

 

 

 

 

 

 

老人ホームだと様々な介護を担当する必要がありますが、サービス付き高齢者向け住宅はそこまで厳格な介護が必要ないのですね。

 

 

 

 

 

 

 

では、なぜサービス付き高齢者向け住宅を賃貸する人がいらっしゃるのか?

 

 

 

 

 

 

それは自由度が高い生活を送ることができるからです。

 

 

 

 

 

 

元気というのは逆に言えば老人ホームに入りにくいことを示しますが、比較的元気だからこそサービス付き高齢者向け住宅に入居することができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅は似て異なる存在であり、お互いの領域を侵食しないいいバランスを保っているのですね。

 

 

 

 

 

 

 

生活の自由度が高いので住みやすいと感じる方も多く、自由度が高いサービス付き高齢者向け住宅は元気なお年寄りを対象に今後も規模が広がっていくことが予想されています。

サービス付き高齢者向け住宅の成功の条件

サービス付き高齢者向け住宅の成功の条件は、多々ございますが、やはり管理会社選びが大切ですね。

 

 

 

 

 

 

先程も解説させていただきましたが、サービス付き高齢者向け住宅を自主管理する人はほとんどいません。

 

 

自主管理だとスタッフ雇用や管理が大変ですし、さすがに土地活用というレベルではなくなってくるからです。

 

 

 

 

 

ほとんどの人は管理会社を見つけて運営するか、サービス付き高齢者向け住宅を運営する会社に借り上げして不労所得を受け取る形になりますね。

 

 

 

 

 

 

管理会社選びに失敗すると悲惨です。

 

 

サービス付き高齢者向け住宅で土地活用して成功するためには?

 

 

 

 

管理会社が悪いとサービス付き高齢者向け住宅の質が低下します。サービスの質が悪いと口コミで悪評が広まり、入居率が低下するという悪い流れが発生します。

 

 

 

 

 

 

 

あくまでもサービス付き高齢者向け住宅は、「利用者のことを第一」に考える必要があるのですね。

 

 

 

 

 

逆に言えばこの視点を抱いていればサービス付き高齢者向け住宅の経営で成功することは可能です。サービス付き高齢者向け住宅に限らず、全ての事業の基本だと思いますが……。

 

 

 

 

 

 

 

 

表面的な利回りだけを重視してはいけません。

 

 

 

 

 

土地活用を行う際に大切なのは利回りを重視することですが、それだけではダメなのです。

 

 

 

 

 

実際にサービス付き高齢者向け住宅は利回りは10%以上確保することも可能ですし、補助金などもあるので稼げることは稼げるのです。

 

 

 

 

 

 

ただ、諸経費がかかってしまいますし、住宅部分の比率も低いので食費や共栄費などの経費も差し引くとやはり利回りは10%程度あれば合格というところです。

 

 

 

 

 

 

 

一括借上げ契約にすると経費や契約のことを考えなくても良いのですが、その分収益力は落ちます。

 

 

 

 

 

 

 

完全不労所得が確保できるという点は魅力的ですが、がっつり稼ぎたいのであれば向いていませんね。ここはあなたの好みで選択して構いません。

 

 

 

 

 

 

後は需要の問題ですね。

 

 

 

 

 

 

先程、「元気な状態で借りるのがサービス付き高齢者向け住宅」と申し上げましたが、そもそも元気に生活できるお年寄りの方は自宅で暮らしたい願望を抱いている人が多いんですよ。

 

 

 

 

 

 

そのため、お年寄りの方を全てターゲットにできるかと言えばそれは違います。あくまでも比較的元気でサービス付き高齢者向け住宅に住むことも問題ないお年寄りの方に限るのです。

 

 

 

 

 

そのことを考えると意外とパイが狭くなってしまう可能性があります。全てのお年寄りの方がサービス付き高齢者向け住宅のターゲット層だとは考えない方が良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サービス付き高齢者向け住宅で快適な老後を送りたい」と考えている比較的元気なお年寄りの方がターゲット層になります。

サービス付き高齢者向け住宅の建築費用を安くする方法とは?

サービス付き高齢者向け住宅の建築費用を安くする方法ですが、これは一括資料請求するのが一番です。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、建築費用は会社によって異なります。安い価格でサービス付き高齢者向け住宅を建築してくれる会社も存在すれば、高い坪単価が発生する建築会社も存在するのです。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、できるだけ安い金額でサービス付き高齢者向け住宅を建築したいのであればサービス付き高齢者向け住宅の一括資料請求が一番なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅の建設費用はアパートより高いこともございまして、助成金を上手く活用しないと利益を上げるのは難しくなります。

 

 

 

 

 

 

ただ、逆に言えば助成金という制度があるからサービス付き高齢者向け住宅で稼ぎやすいという利点はあるのですね。

 

 

 

高齢者住宅の資料請求を取りたければリビンマッチがベストです!





高齢者住宅を格安で建築する方法も知ることができますし、助成金の取り方や「本当に高齢者住宅は稼げるのか?」という情報も全て収集することができます。





優秀な管理会社を見つけるのにも役立ちますので、サービス付き高齢者向け住宅の経営を検討している方にも役立ちますね。



勿論、リビンマッチの利用は完全無料です。




↓こちらから高齢者住宅の一括資料請求を取ることができます。



 

関連ページ

サ高住経営は儲かる!?課題や問題点はないの?
サ高住経営(サービス付き高齢者向け住宅)の経営は本当に儲かるのか課題や問題点も含めて解説させていただきました。

ホーム RSS購読 サイトマップ