田んぼ,売りたい,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

田んぼを売りたいときはどうしたら良いの?

【田んぼを一般人が手に入れる機会について】

 

一般人が田んぼを普通の宅地のように手に入れることは出来ませんが、親の田んぼを遺産相続といった形で手に入れる事が人によってはあるかもしれません。

 

 


「農家じゃないと農地は持てないのではないのか?」と思うかもしれませんが、持ち主死亡によって持ち主の子供が相続した場合のみ、本来農地を売るときなどに必要である農地法の許可が必要ありません。

 

 

 

通常、農地の売却等で持っている農地の名義を書き換えるには、農地法における許可が必要となっておりますが、これは田んぼや畑といった耕作地が減ってしまうと、日本の食料自給率の低下を招いてしまう事から、法律によって厳しく規制されているためです。

 

 

なので、農地は不動産屋へ宅地感覚で売る事もできない特別な土地であるため、農地を売却したい場合は農地法における許可、つまり農業委員会(もしくは県知事)からの許可が必要です。

 

 

 

それでも、農作をしない非農家の方が急に親の農地などを遺産相続で手に入れた場合、またはもう農作をやめようとした時にどのようにして田んぼや畑といった農地を売れば良いのか?について今回はご紹介していきます。

【農地法の第三条が重要!】

農地法とは名前の通り農地に関する決まり事について触れられた法律です。その第三条には以下のように記載されております。(引用元:https://www.e-gov.go.jp/index.html

 

 

 

農地法第三条

 

 

「農地又は採草放牧地について所有権を移転し、又は地上権、永小作権、質権、使用貸借による権利、賃借権若しくはその他の使用及び収益を目的とする権利を設定し、若しくは移転する場合には、政令で定めるところにより、当事者が農業委員会の許可を受けなければならない。」

 

 

 

 

難しい文章や見慣れない文字、さらに一部例外もありますが基本的に農地を他人に売却したり、耕作目的のために貸したりするケースなので農地の所有権が変わったりする場合は農業委員会か県知事の許可が必要になるのです。

 

 

 

許可を受けずに譲渡したり名義を変更したりしても無効になってしまいますので、農地を売るのは一般的な不動産売買のように気軽にはできないのです。

 

 

 

 

〜相続の場合は?〜

 

ちなみにこの第三条で許可を得なくても良いケースがあり、その一つが農地の持ち主が死んだ時に遺族へ移る「相続」です。基本的に農地の売却は意図して行うものであるために、農業委員会か県知事の許可が必要となるのです。

 

 

 

しかし、死亡については意図せずに起きる事では無い、とされているために「親が農家ではあるが、その子供である息子や娘は都会で暮らしている一般人で本来は農地を購入できない立場の人」でも、相続という形で農地を引き継ぐ事ができてしまうのです。

 

 

 

 

〜注意点〜

 

 

 

「相続に関して許可が必要ないなら農業委員会へ良く必要も無いのですね?」と思われるかもしれませんが、届出は必要になります。

 

 

農林水産省(参考URL:http://www.maff.go.jp/j/keiei/koukai/wakariyasu.html)からも農地を相続した場合、農地法の許可こそは不要ですが、届出は必要になります。そのため、届出を忘れると罰金が科されるため、農地を相続した時に許可は必要でなくても、「届出」が必要な点だけご注意ください。

【田んぼを売りたい場合はどうするか?】

相続等で農地を一般人が手に入れた場合ですが、今の現代社会において田んぼや畑といった農地を手に入れても農作を行う人は少ないでしょう。

 

 

 

わざわざ今の住まいや仕事を捨てて、親がやっていた農業に家族全員で引越しする方も少なく、むしろ相続したのは良い農業にしか使えない土地を持て余している事が増えております。

 

 

 

とはいえ、農地も立派な不動産であるため、固定資産税もかかってくる事から余計な維持費を払い続けたくないから早く手放したい、という方もいるかもしれません。

 

 

 

上記でも触れましたが農地を売買する時は農業委員会か県知事の許可が必要となりますので、宅地のように不動産業者に相談して売却すればよいと言うわけではなく、農地特有の様々な手続きが必要です。

 

 

 

もしも田んぼを売りたい場合は、何度か既に記載しておりますが農業委員会か県知事の許可が必要となります。

 

 

 

 

そして最高値で田んぼを売りたければ、こちらのイエイを利用して一括査定を行うのが良いですね。

 

 

田んぼの無料一括査定

 

 

イエイを活用すれば田んぼも一括査定することができ、最高値で田んぼを売ることが可能となります。

 

 

 

農地を売るときは必ず「農業委員会か県知事の許可が必要」である事をしっかりと覚えておいてください。許可が下りれば後は売り先を見つける事ですが、イエイの一括査定で最高値提示してくれた不動産会社を見つけるのがベストです。

 

 

 

 

最高値提示してくれる不動産会社は田んぼの売却にも詳しいので、あなたの優れた味方になってくれます。

今持っている土地の値段はいくらかすぐにわかります!

関連ページ

農地を査定するならイエイを利用すべき!
農地を査定するならイエイを利用すべきです! その理由と、イエイを無料で利用できるサイトをご紹介しています。
農地を売りたい人はどうしたら良い?
農地を売りたい人はどうしたら良いのか、具体的に解決方法を解説させていただきます!
簡単にできる農地の売買方法
簡単にできる農地の売買方法をご紹介しています。実は農地は一括査定サービスを利用すれば簡単に売ることができるんですよ。
農地の売却ってどうやって行ったら良いの?
農地の売却ってどうやって行ったら良いのでしょうか? この記事を読めば農地を最高値で簡単に売却する方法が分かります!
農地の売買価格はどうやって決まる?
農地の売買価格はどうやって決まるのでしょうか? この記事を見れば農地の売買価格の方法がよくわかります!
田んぼを最高値で売却する方法
田んぼを最高値で売却する方法をご紹介しています。この方法を実践すれば、あなたの田んぼを一番高い価格で売却することができます!
農地を売るときに抑えておきたいポイント
農地を売るときに抑えておきたいポイントをご紹介しています。これさえ読めば農地を最高値で売ることがでのマス。
農地は本当に売れないの?
農地は本当に売れないのでしょうか? 実は農地は売ることができるのです!!その方法を解説させていただきます。
畑を売りたい人がやるべきこと
畑を売りたい人がやるべきことを解説しています。この方法を実践すれば畑を最高値で売ることもできます!
田んぼをできるだけ簡単に売る方法とは?
田んぼを売る方法を知りたい方がいらっしゃったので、わかりやすく解説させていただきました。

ホーム RSS購読 サイトマップ