畑,売りたい,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

畑を売りたい人がやるべきこと

【畑を売る時、それはあなたの身にもいつか来る?】

 

 

結論から申し上げますが、畑を売りたいのであればイエイを利用すれば最高値で畑を売却することが可能です。

 

 

 

畑は一般的な宅地と違って一般人が購入できない農地という特殊な土地であり、購入できるのは農業ができる農家の方だけとなります。

 

 

 

そのため、親が農家をやっている場合は子供の自分は農家にならない限り、畑を手に入れられないと思うかもしれませんが、実は農家でもない一般人が畑を手に入れられる機会があるのです。

 

 

 

 

確かに畑は農家の方しか購入する事ができない特殊な土地ではあります。

 

 

 

 

 

また、畑の売買を行う時は、農地法第三条において日本の市町村に置かれる行政委員会である「農業委員会」の許可が必要です。

 

 

 

 

「農業委員会」は各市町村に設置が義務付けられている行政委員会であり、畑の売却や購入・転用が無秩序に行われて日本の畑が減ってしまう事を防ぐための組織であり、畑の売買で農業委員会への許可申請は避けて通る事はできないのです。

 

 

 

 

しかし、この許可申請が不要な例として少し不吉な話にもなりますが身近にありうる「相続」であり、相続で子供が親の畑を引き継ぐ場合は畑売買の許可申請は必要ないのです(ただし、届出は必要)。

 

 

 

 

ですが、畑を手に入れたとはいえ、親のやっていた農業の後を継いで農家になる場合を除けば、畑は所有していても固定資産税という維持費がかかるだけのお荷物になってしまいます。

 

 

 

 

 

そのため、さっさと手放したいと思う方は多いため、もしかすると農業をやっている身内がいた場合はいつか畑の売買に関わる時が来るかもしれません。

 

【畑の売買事情】

畑の売買価格は年々下落しており、その理由としては畑を持って農業をやりたいという方が減少傾向にある事が背景となっております。

 

そのため、畑を売りたければできるだけ早く一括査定するのが重要になります。

 

 

なので、畑が安くなっているなら「新規で農家になりたい!」と思う方もいるかも知れませんが、例として農家となって畑を買うには以下のような条件が求められるのです。

 

 

 

 

・畑を買える農家になるには農業委員会の許可が必要。

 

 

 

まずは畑の売買等でもお世話になる農業委員会の許可が必要です。なぜなら、畑を購入したのは良い物の全く手をつけず、農作に失敗して農地を荒らしてしまっただけとなると、農地として利用不能になってしまいますし、元に戻すのも大変な労力と資金が必要です。

 

・畑を買うには計画を立てる事

 

 

農家として認められるには「畑を購入して何を作りたいのか?どこで農業を始めるのか?作物に関する育成技術や知識はあるのか?運転資金はどうするのか?と言う具体的な事を示した「就農計画書」を作らなければなりませんので、「畑を買ってから考えればいいや」ではやはり手つかずになりかねません。

 

 

 

よって、計画書を見せて客観的に「達成可能である、継続可能である」と判断してくれるのがやはり農業委員会なので、資金はある等の勢いだけでは畑を購入する事はできないのです。

 

 

 

 

 

他にも様々な条件がありますが、畑を購入するには「農業を続けられる力がある」事が求められます。

 

 

 

そのため、一般人が簡単に購入できてしまうと管理・維持ができず、日本の農地が減る原因になってしまいます。

 

 

 

よって、畑を購入できるのは農家だけな現状が買い手を限定してしまう理由であり、さらに農家は全体的に減少傾向にあるため、畑や農地の売買価格の下落を招いております

 

 

 

そのため、畑を売るといっても場所がよっぽど良い場所で無い限りはすぐに売れない事も多く、売れたとしても思った以上の価値が出ない事は多いです。

 

 

 

それでも農業をやる予定が無いのに畑を持っていれば税金が取られてしまうだけですので、手放すと決めたらすぐに行動しましょう。

【畑のまま売るべき?転用して売るべき?】

実際に畑を売ったりする場合、やはり畑の正しい価値を決めるための「査定」も必要です。

 

 

 

この査定を行ってくれる存在として真っ先に挙がるのが不動産業者様です。

 

 


しかし、上記でも触れたとおり年々下落傾向にある畑は不動産業者様としてもよっぽど好条件の畑でもない、または不動産業者様のほうで購入できる方への繋がりがあるわけでもない限り、あまり積極的にはなってくれません。

 

 

 

 

よって、畑のままで売ることを考えるなら農業委員会のあっせん(必ずできるわけではない)か、もしくは自力で購入資格のある農家の方と直接交渉するのが良いでしょう。

 

 

 

 

逆に畑を転用すれば一般的な土地としてマンションを建てたりできるようになりますので、畑に比べると価値が大幅に上がる可能性があります。

 

 

 

 

ただし、転用は畑のある立地条件が良い場所だったり、特定区域である場合は転用が認められなかったりします。

 

 

 

また、「畑を潰して何がしたいのか?」という転用計画が通らないとなりませんので、転用は畑のままで売るよりもハードルが上がる可能性が高いのです。

 

 

 

よって、畑をさっさと手放したいのに一向に買い手が現れず、数年以上が過ぎる事もありますし、そんな状況が続くと何とか現れた相手に安くてもいいから売るという判断を下す事もあります。

 

 

 

 

そのため、畑を売る場合は基本的に長期戦になる事を覚悟しておきましょう。

大切なのは良質な不動産会社を選ぶこと

畑を高く売るために大切なのは良質な不動産会社を選ぶことなのですが、実はこの問題は簡単に解決することができるのです。

 

 

 

 

最初に申し上げましたが、イエイを利用すれば良いのですね。

 

 

畑無料一括査定

 

 

イエイは国内最大級の不動産一括査定サービスなのですが、このイエイを利用することによって畑の一括査定を完全無料で行うことができます。

 

 

 

そしてあなたはその中から最高値提示をしてくれる不動産会社を選べばいいだけです。

 

 

 

 

なぜこの方法が良いかと言えば、そもそも最高値査定してくれる不動産会社は「一番高い価格で畑を売る自信がある」という証明になるからです。

 

 

 

 

そのため、最高値提示をしてくれる不動産会社を選べばできるだけ早期に畑を売却することが可能になるのですね。

関連ページ

農地を査定するならイエイを利用すべき!
農地を査定するならイエイを利用すべきです! その理由と、イエイを無料で利用できるサイトをご紹介しています。
農地を売りたい人はどうしたら良い?
農地を売りたい人はどうしたら良いのか、具体的に解決方法を解説させていただきます!
簡単にできる農地の売買方法
簡単にできる農地の売買方法をご紹介しています。実は農地は一括査定サービスを利用すれば簡単に売ることができるんですよ。
農地の売却ってどうやって行ったら良いの?
農地の売却ってどうやって行ったら良いのでしょうか? この記事を読めば農地を最高値で簡単に売却する方法が分かります!
農地の売買価格はどうやって決まる?
農地の売買価格はどうやって決まるのでしょうか? この記事を見れば農地の売買価格の方法がよくわかります!
田んぼを最高値で売却する方法
田んぼを最高値で売却する方法をご紹介しています。この方法を実践すれば、あなたの田んぼを一番高い価格で売却することができます!
農地を売るときに抑えておきたいポイント
農地を売るときに抑えておきたいポイントをご紹介しています。これさえ読めば農地を最高値で売ることがでのマス。
田んぼを売りたいときはどうしたら良いの?
田んぼを売りたいときはどうしたら良いのでしょうか? この記事を読めば、田んぼの最適な売り方と田んぼの最高値売却が可能となります。
農地は本当に売れないの?
農地は本当に売れないのでしょうか? 実は農地は売ることができるのです!!その方法を解説させていただきます。
田んぼをできるだけ簡単に売る方法とは?
田んぼを売る方法を知りたい方がいらっしゃったので、わかりやすく解説させていただきました。

ホーム RSS購読 サイトマップ