売れにくい土地,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

売れにくい土地の特徴とは?高く売る方法も徹底解説!

売れにくい土地の処分方法に悩んでいる人がいらっしゃいました。

 

 

 

 

この生地を読んでいるということはあなたも売れにくい土地に悩んでいる一人なのでしょう。売れにくい土地は本当に厄介なものであり、売れないと固定資産税だけがかさむ負債となってしまいます。

 

 

 

 

 

さて、まずはどういう土地が売れにくいのかわかりやすく解説させていただきます!

1.田んぼや畑などは売りにくい

まず最初に売れにくい土地の筆頭として上がるのが田んぼや畑です。

 

 

 

 

 

 

このような土地はとても売りにくいですね……。

 

 

 

 

 

というのも田んぼや畑は他の用途への土地活用が難しいので、必然的に買主様が農家の方に限られてしまいます。

 

 

 

 

今の時代に田んぼや畑を買いたいという人は少ないですし、田んぼや畑を持っていても農業以外にやることがないということがほとんどです。

 

 

 

 

そのような土地はやはりあまり売れない傾向があります。農家の方からすれば立派な財産なんですけどね。

2.三角形の土地は売れにくい

土地は基本的に四角形の土地が一番人気があります。

 

 

 

 

 

これはなぜかというと、活用するのに困らないからです。例えば一軒家を建築する際も四角形だと広いスペースを活用して一軒家を建てることができますし、無駄なく土地を活用することができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

三角形の土地はどうか?

 

 

 

 

三角形の土地はフルにスペースを活用することができないのでプライバシーを確保しやすいという利点はあります。

 

 

 

 

 

要は捉えようなんですよね。

 

 

 

 

 

 

確かに三角形の土地は全てをフルに使うのが難しいのですが、空いたスペースのお陰でプライバシーを保つ空間があると判断することもできます。

 

 

 

 

 

 

他には店舗利用の需要がありますよ。

 

 

 

 

 

 

三角形の土地は住宅を建築する上では向きませんが、店舗を建築して賃貸するという需要を取り込むことは可能です。

 

 

このように用途次第でデメリットがメリットになることはあるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、三角形の土地は一般需要を取り込むのは難しいのですが、売れるか売れないかと問われたら売れる!!!と答えます。

 

 

 

 

 

 

中には三角形の土地の安さが気に入って住宅用に購入する人もいらっしゃるくらいですからね。

3.広すぎる土地は売れにくい

意外と売れにくいのが広すぎる土地です。

 

 

 

 

 

一般住宅を建築するときは50坪程度土地があれば十分なのですが、それ以上の土地を保有しているせいで全く売れないという人がいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

広すぎる土地が売れにくいのは2つ理由があります。

 

 

 

 

まず1つ目に活用手段がないこと。

 

 

 

 

 

 

厳密に言えば資材置き場や開発用立地として活用することは可能なのですが、そこまでのレベルまでいってしまうと一般人の方の需要を取り込むことは難しくなります。

 

 

 

 

 

 

あまりに広すぎると専門業者の方しか使えなくなってしまうため、一般層を取り込めなくなってしまうから売りにくくなるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

もう一つは広すぎる土地は田舎が多いということです。

 

 

 

 

 

 

広すぎる土地のほとんどは田舎にございます。やはり田舎の土地は都会の土地と比較して需要が少なく、売るという意味で苦戦することが多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

勿論、広すぎる土地も売ることは可能なので、売れにくいから……と諦めないで一括査定に出して広すぎる土地を売るのが得意な不動産会社を見つけるのが大切になります。

4.手入れがされていない土地は売れにくい

これは理由はとてもシンプルですね。

 

 

 

 

 

手入れがされていない土地が売りにくいのは、買主様の購買意欲を削ぐからです。

 

 

 

 

これは一般の不動産でも同じなんですよ。

 

 

 

 

 

 

買うか買わないかを決めるのは最終的には買主様です。そして人間は最後は感情で動く生き物なので、「あ、これは嫌だな……」と思った物件は絶対に買わないのです。

 

 

 

 

逆に言えば、「あーこの土地は良いなー」と思わせればこちらの勝ちなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

そのためには一体どうしたら良いのか?

 

 

 

 

答えはシンプルです。自分で手入れをすれば良いのです。

 

 

 

 

 

 

大抵の土地は手入れをすることによって蘇ります。実際に不動産投資家の加藤ひろゆきさんは全く整地されていない土地を買って整備し、そのまま土地を賃貸するというビジネスを行っています。

 

 

 

 

 

 

土地を整備するだけの根性があれば誰でもできるところが美味しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、今回は売れにくい土地を売るための方法なので、雑草などを切って綺麗にしてから売却活動を始めるのが良いですよ。

 

 

 

 

 

そうすれば手入れがされていない土地もしっかり整っている土地に変貌し、売れる可能性はグンと高まります。

 

 

 

 

 

 

 

不動産も土地も手入れをすることによって売れる可能性が高まる努力が報われるビジネスなんです。

5.周辺環境が悪い土地は売れにくい

周辺環境の悪さは色々とございますが、例えば近隣住民に問題がある土地は売りにくいですね。

 

 

 

 

 

 

 

住宅用立地としてちょうどいい坪数があったとしても、お隣さんが問題を沢山抱えている場合だと売りにくくなります。

 

 

 

 

 

 

例えばゴミ屋敷。

 

 

 

 

 

 

お隣さんがゴミ屋敷の中で生活している場合、周辺の土地も地価が下がってしまいます。猫屋敷も同じですね。

 

 

 

 

 

 

このように周辺環境が悪いことによって土地が売れにくくなることはたまにあります。こればかりは本当にどうしようもないんですよね……。

 

 

 

 

周辺環境が悪くても相場以下の値段で土地が買えることを喜ぶ人を見つけるしかありません。

6.再建築不可物件は売れにくい

再建築不可物件は売れにくい土地の代表格です。

 

 

 

 

 

 

 

 

再建築不可物件は都会に多いので立地条件は良いパターンが多いのですが、再建築不可という条件が発生するからこそ売れないのです。

 

 

 

 

 

 

価格を下げてもなかなか売れない土地になってしまいます。

 

 

 

 

中には再建築不可の土地を駐車場として活用する人もいらっしゃるので、投資家層を狙って売却するのがベストになります。

売れにくい土地は一括査定を利用すれば売れる!

このように売れにくい土地の特徴を解説させていただきましたが、売れにくい土地を売れるようにしたければ不動産会社選びも大切です。

 

 

 

 

 

 

 

不動産会社も様々でございまして、中には売れにくい土地を売る技術に秀でている会社も存在するんですよ。

 

 

 

 

そういう人は大抵顧客リストがしっかりしていることが多いんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

売れにくい土地を売ることによってあなたの負担はぐっと軽減されるだけではなく、大きなお金ががっつり入ってきます。

 

 

 

 

一括査定を利用することによって売却可能額に数百万円の差が開くことはよくありますので、どうせなら最高額で自分の土地を売ってくださいませ!

 

 

 

リビンマッチ



1位にランクインしたのはリビンマッチです!








リビンマッチは非常に有名なサービスでございまして、土地を高く売るならリビンマッチと言われるくらい有名です。







土地の売却価格をできるだけ高く狙うのであれば優良不動産会社と数多く提携している一括査定サービスを狙うのが良いのです。






リビンマッチは大手不動産会社から優良不動産会社といった様々な会社と提携しているため、不動産や土地を高く売るのに役立ちます。





できるだけ高い値段で土地を売りたければ、人気があるリビンマッチというのが実情になります。




査定のための情報入力がたったの45秒で終わるのも大きな魅力です。




イエイ







2位に輝いたのはイエイ。






イエイは不動産業界やネット業界全体で有名な不動産一括査定サイトでございまして、業界大手の不動産査定サービスを利用したければイエイがいいですね。



利用者数は300万人以上を突破しています。




土地を高く売るのに非常に役立つサービスでございまして、多くの方がイエイを通じて土地の高額売却に成功しています。




ただ、スマイスターは入力時間が45秒なのに対し、スマイスターは1分かかってしまうのが難点です。



イエイは、一軒家やその他不動産も対象になっているから美味しいんですよね。




できるだけ高く売るならまずはイエイからという人もいらっしゃいますね!







タウンライフ不動産売却





正直言ってスマイスターで事足りるような気がします……。ただ、より高く土地を売るために検討する価値はあるサービスとして3位に選ばせていただきました。




勿論、不動産や土地を売るのに役立ちます。しかし、知名度という意味では劣っているのが実情です。

関連ページ

山林の簡単な売買方法とは?
山林の簡単な売買方法をご紹介しています。これさえ読めば山林を最高値で簡単に売却することができますよ!
山林を一番高い価格で売却するためには?
山林を一番高い価格で売却するためにはどうしたら良いでしょうか? この記事を読めば山林を一番高い価格で売却することができます!
相続した土地を一番高い価格で売却する方法
相続した土地を一番高い価格で売却する方法をご紹介しています。この方法を活用すれば土地を最高値で売却することができますよ!
相続した土地を売却したら税金はどうなる?
相続した土地を売却したら税金はどうなるのでしょうか? この記事を読めば相続時の税金問題が全て分かります!
土地を売るにはどうしたら良い?
土地を売るにはどうしたら良いのでしょうか? この記事を読めば土地を売る方法がよくわかります!
旗竿地を売るぞ!売りたいけど高く売却することは可能なの?
旗竿地を売りたいと望んでいる方に対し、旗竿地をできるだけ高く売る方法を解説させていただきました。
旗竿地は売れない?どうしたら売れるのか?
旗竿地は売れないということで悩んでいる人に対し、どうしたら売れるのか解説させていただきました。
旗竿地を買って失敗して後悔……。どうしたら良いの?
旗竿地を買って失敗して後悔した人に対し、一体どうしたら良いのか解説させていただきました。
旗竿地は売れるの?この方法を使えば売ることができます!
旗竿地が売れにくいというのは確かでございますが、この記事の方法を活用すれば高く売ることができます。
いらない土地を売りたい!高く売るためにはコツがあるんです
いらない土地を売りたいという人のために、できるだけ高く売るコツを解説させていただきました。
買い手のつかない土地を売る方法とは?
買い手のつかない土地をできるだけ高く売る方法を解説させていただきました! この方法を使えば売ることができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ