再建築不可物件,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

再建築不可物件の活用法記事一覧

再建築不可物件をリノベーションしたいときにやるべきこと

【再建築不可物件とは?】我々が住む家やマンションといった住居ですが、それらは最初から建っている物件を購入・賃貸したり、土地を購入してから家を新築したりと様々な方法で我々は住居を手に入れるものです。そして持ち家が老朽化しているなら建て替えて新築にする方もいらっしゃると思いますが、もしも自分の家が再建で...

≫続きを読む

 

再建築不可物件のおとくな建て替え方法をわかりやすく解説します!

【再建築不可物件とは?】我々が普段住んでいる住居と言うのは土地の上に建っている建築物、つまり家・マンション・アパートといった土地の上にある建物を生活拠点にしている事は当たり前の事です。同時に建物も耐久年数が決まっている一つの消耗品でありますので、いつかは建て替えをしなければならない時がやってくる事も...

≫続きを読む

 

家の建て替えは本当にすべき?実はリフォームの方がお得!?

【家の建て替え】人が寝る時、食事をする時、リラックスをする時、これら全てにおいて住まいという存在がなければできないことですので、我々が生活をする上で住まいという存在は必要不可欠です。住まいの形も様々であり、賃貸のアパートやマンションを借りて暮らしている人もいますし、会社が提供する社宅に住んでいる方も...

≫続きを読む

 

都内の再建築不可物件はリフォームすべし!

【都内にもある再建築不可物件】一般的に家も消耗品であり、20〜30年ほど経過すると耐久度も落ちますし、耐震性も不安になってきます。そのため、その建物に住んでいる人間、所有している人間がメンテナンスを行って家の強度を確認・修復する必要性があります。しかし、それでも何十年という月日と風雨に晒されたりする...

≫続きを読む

 

共有不動産を売却したいなら一括査定を利用すべし!

共有不動産は不動産を複数の所有者で割合を決めて、不動産を分割所有する方法です。一人当たりの税負担が小さくなるというメリットがあるだけでなく、相続税の節約にも貢献することがあります。親子共同で家を建てるなど共有に至る過程は様々ですが、売却時にトラブルになりやすいことにも注意が必要です。これは自分の所有...

≫続きを読む

 

建て替えできない土地は一体どうしたら良いの!?

建築基準法は時代に合わせて変わっていて、現在の基準では建築基準法違反になってしまうケースがあります。建築当時の法律が適用されれば問題はないものの、立て替えなどをする際は新しい法律を基準にしたチェックが必須になります。そのため、法律的に立て替えが不可能な物件も存在するのです。立て替えができない土地には...

≫続きを読む

 

土地ありの建て替えに必要な費用と気をつけたいポイント

土地ありの立て替えを行う際に気をつけたいのが、全体の流れを把握することです。見落としがあると想定外の費用が発生してしまうケースが多く、予算をオーバーする原因となります。見切り発車をせずに業者と念入りに打ち合わせをすることも重要で、気になることはすぐに確認するのが基本になります。建て替えは自分の家だけ...

≫続きを読む

 

再建築不可物件のリフォーム費用はどの程度かかるの?

再建築不可物件のリフォームは、一般的な住宅のリフォームより費用がかかる可能性が高まります。再建築不可物件の多くは接道義務を果たしていないものになります。現在の建築基準法では、消防などの関係から家が道路に面していることが義務付けられています。しかし、接道義務がなかった時代は住宅を密集して建てることは珍...

≫続きを読む

 

建て替え不可物件はリフォームするしかない!

・リフォーム技術の進化が鍵建て替え不可物件は建築基準法などの関連から建て替え自体が不可能になっています。建て替えができないとなると、不動産の価値が低下していくのを待つだけかと思われがちですが、リフォームをすることで生まれ変わることがあるのです。ポイントになるのが、リフォーム技術の進歩です。建て替えは...

≫続きを読む

 

今持っている土地の値段はいくらかすぐにわかります!


ホーム RSS購読 サイトマップ