再建築不可,建て替え,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

再建築不可物件のおとくな建て替え方法をわかりやすく解説します!

【再建築不可物件とは?】

 

我々が普段住んでいる住居と言うのは土地の上に建っている建築物、つまり家・マンション・アパートといった土地の上にある建物を生活拠点にしている事は当たり前の事です。

 

 

 

同時に建物も耐久年数が決まっている一つの消耗品でありますので、いつかは建て替えをしなければならない時がやってくる事もあります。しかし、中には再建築ができない「再建築不可物件」という建物がある事はご存知でしたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

〜どうして再建築できない「再建築不可物件」という建物が存在するのか?〜

「再建築不可物件」とは文字通り「建物を一度潰して更地にしたら二度と建物が建てられない土地の物件」を指します。

 

 

 

なぜ「再建築不可物件」という厄介な物件が存在しているのかと言えば理由は建築基準法の「接道義務」にあります。

 

 

 

建築基準法の「接道義務」とは文字通り「道と接している事」であり、この道は正式な道路の事を指しますので目の前の道が細くて狭かったり、実は道路ではなく通路扱いだと「接道義務」を満たしていない事になるのです。

 

 

 

 

通常、家や建物を出入りする時に目の前に道が無ければ車も出入りできませんし、人も出入りするのが困難になってしまいます。

 

 

 

そのため、建物から見て道路に面しているというのは当たり前のことではありますが重要な事でもあるのです。

 

 

建物を建てる時は「接道義務」を満たしている事も建物を建てる上で必要不可欠ですので、条件を満たしていないと建て直しができないため、一度でも更地にしてしまえばもはやその土地で何かを始めたりするのも限定的な事しかできなくなってしまうのです。

 

 

 

〜「再建築不可物件」はあなたの身にも降りかかる!?〜

「ウチの家は再建築不可物件じゃないから安心」と思っているかもしれませんが、人によっては「再建築不可物件」を相続と言う形や、偶然買った格安で手に入れてしまうことがあるかもしれません。

 

 

 

「再建築不可物件」の資産価値はとても低いので、使い道として自分で住むのも選択肢となりますが、その場合は耐久年数や耐震性が不安になります。

 

 

「持っていても邪魔なら売ればいい」と思ったとして、不動産業者様に相談しても「再建築不可物件」は不動産価値が低い事から敬遠されがちで、積極的な販売活動がされない事もあります。

 

 

「なら更地にしてしまうのはどうか?」と思う方もいるかもしれませんが、再建築ができないので更地にしてしまうともはや何もできないので尚更売れにくくなってしまいます。

 

 

 

日本で空き家問題が今深刻化しつつあり、倒壊の恐れがあるから潰したほうが良いのに潰せない背景には、実は「再建築不可物件」も深く関わっているとされています。

【再建築不可物件を建て替える方法無いのか?】

再建築不可物件を建て替える方法ないのか?についてですが、全くないわけではありません。

 

 

 

 

〜建築基準法の「接道義務」を満たす〜

 

「再建築不可物件」を建て替える方法は無いのか?と言われれば全く無いわけではありませんが限定的、かつ難しい方法となります。

 

 

それは建築基準法の「接道義務」を満たす事です。

 

 

 

「道路には面しているのに何で「再建築不可物件」になるの!?」という原因のほとんどが道路に面している面積が狭すぎるというのが挙げられます。

 

 

 

 

「接道義務」は原則として法律上認められた正式な道路に2m以上接していないといけませんので、2m未満の接道面積では接道義務を満たしておりません。

 

 

逆に言えばこのような例の場合は接道面積を増やして2m以上にする事ができれば、再建が可能な物件に生まれ変わる可能性があります。

 

 

 

間道を増やせないかどうかについては土地の状況次第ですが、もしも増やす事ができれば思わぬ掘り出し物件になる可能性があるのです。

 

 

 

また、目の前の道路が通路・私道扱いだとこれも「接道義務」を満たしているとはいえませんが、正式な道路として認可を受ければ「接道義務」を満たす事になり、再建が可能な物件となるかもしれません。

リフォームを行うのがベスト!

もしも接道義務がクリアできない場合はリフォームやリノベーションを行うのも手です。

 

 

 

「再建築不可物件」はリフォームやリノベーションまで不可という事ではありませんので、耐震性や耐久力に問題がなければ「再建築不可物件」をリフォームやリノベーションで価値のある物件に生まれ変わらせる事もできるのです。

 

 

 

もちろん、リフォームやリノベーションをする価値があるのか?についても検討しなければなりませんが「接道義務」を満たせないのであれば家を建て替えられないので、リフォームかリノベーションしか残された手はありません。

 

 

 

私が推奨するのはリフォームです。

 

 

リノベーションだとどうしてもお金がかかってしまいますので、再建築不可物件であればリフォームをしてお得に「使える物件」にするのがベストです。

 

 

 

リフォームすれば賃貸することもできますし、その結果不労所得を確保することも可能ですからね。

 

 

 

 

 

こちらのタウンライフリフォームを利用すれば、お得にリフォームできる方法を知ることができ、自分だけの最適なリフォームプランを知ることができますよ!

 

 

 

 

 

物件と道の関係は切り離せませんので「接道義務」を満たすか、リフォームで「再建築不可物件」を価値ある物件に生まれ変わらせましょう。

 

 

今持っている土地の値段はいくらかすぐにわかります!

関連ページ

再建築不可物件をリノベーションしたいときにやるべきこと
再建築不可物件をリノベーションしたいときにやるべきことを解説しています。
家の建て替えは本当にすべき?実はリフォームの方がお得!?
家の建て替えは本当にすべきでしょうか? 実は、リフォームの方がお得なことが多いのです!
都内の再建築不可物件はリフォームすべし!
都内の再建築不可物件はリフォームするのが良いですよ! その理由と、格安でお得にリフォームする方法を教えます。
共有不動産を売却したいなら一括査定を利用すべし!
共有不動産を売却したいなら一括査定を利用するのが良いですよ! 特に高く売れる一括査定をご紹介させていただきます。
建て替えできない土地は一体どうしたら良いの!?
建て替えできない土地は売却したりリフォームしたりするのが普通です。建て替えできない土地の対処法を解説しています。
土地ありの建て替えに必要な費用と気をつけたいポイント
土地ありの建て替えに必要な費用と気をつけたいポイントを具体的に解説しています。お得に建て替えできる方法も語っていますよ!
再建築不可物件のリフォーム費用はどの程度かかるの?
再建築不可物件のリフォーム費用はどの程度かかるのでしょうか? 激安で終わらせる方法を教えます!
建て替え不可物件はリフォームするしかない!
建て替え不可物件はリフォームするしかありません! 理由は単純で、リフォームくらいしか使い道がないからです。

ホーム RSS購読 サイトマップ