再建築不可物件,リフォーム,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

再建築不可物件のリフォーム費用はどの程度かかるの?

再建築不可物件のリフォームは、一般的な住宅のリフォームより費用がかかる可能性が高まります。

 

 

 

 

再建築不可物件の多くは接道義務を果たしていないものになります。現在の建築基準法では、消防などの関係から家が道路に面していることが義務付けられています。しかし、接道義務がなかった時代は住宅を密集して建てることは珍しくなかったのです。

 

 

 

 

 

道に面していなければ、建築資材を運ぶのも解体した廃材を運び出すのも手作業などが中心になります。そのためどうしても費用は高くなる傾向があるのです。

 

 

 

 

 

どの程度のリフォームを行うかも重要なポイントになります。水周りに限定した場合や、耐震性の補強などリフォームするポイントを絞った場合は500万円以下でリフォームできる場合があるからです。

 

 

 

 

ただし、ポイントを絞るということは最低限の工事しか行わないということでもあります。

 

 

 

 

再建築不可物件は非常に古い建物が多く、一部を直しても他の部分で不具合が出ると再度リフォームが必要になる場合があります。水回りだけを直しても電気などの配線周りにトラブルがあれば停電が起きる場合や、最悪の場合は火災に結びつく場合があります。

 

 

 

 

逆に電気工事が中心であれば水周りが古いままなど、不満に繋がりやすいのです。部分的なリフォームを繰り返すよりも、一度にフルリフォームしてしまった方が費用が安くなるケースは多く、しっかりと検討したい点にもなっています。

 

 

 

 

再建築不可物件はフルリフォームにも制限があります。

 

 

 

 

例えば回数を増やすなど大幅な増設工事は建築基準法に違反する可能性が高いからです。木造か鉄筋かによって制限の内容は異なるものの、あまり自由が利かないことは理解しておく必要があります。

 

 

 

 

その上で、耐震性の補強に各種断熱材の利用、水周りや電気配線の整理なども行うと1000万円を越えるケースが一般的になります。立地や依頼する工務店によっては2000万円程度かかることもあり、設計から施工、リフォーム完了までに半年以上かかる場合もあります。

 

 

 

 

制限が多いからこそ設計に時間がかかり、費用も高くなる傾向があるのです。

 

 

 

 

これはしっかりとした計算を行わないと違法になってしまう可能性が高いからです。途中で修正することが難しいからこそ、イメージにずれがないように設計時点から綿密に打ち合わせを行う必要があります。

ローンの問題も大きい!

再建築不可物件でもう1つ覚えておきたいのが、ローンの問題です。

 

 

 

再建築不可物件は不動産価値が低く見積もられることが多く、銀行から融資を受けることが難しいのです。

 

 

 

 

一般的な不動産リフォームは家を担保にお金を借りる場合が多くなりますが、再建築不可物件は担保としての価値がないと認識されます。リフォーム用のローンを組んでくれる金融機関や業者も存在しますが、一般的なローンよりも利息が高く、期限も短くなります。

 

 

 

 

支払い能力のチェックも厳しくされる場合が多く、ローンの利息による費用が家計を圧迫することが珍しくないのです。

 

 

 

 

 

借りられる範囲が予想以上に少なく、リフォーム自体を断念する結果になることもあります。リフォームのためにお金を借りる難しさと、利息による費用の加算も織り込んでおきたいポイントになります。

 

 

 

 

 

 

重要なのは、リフォームが割に合うか合わないかです。

 

 

 

無理にフルリフォームをするのであれば、一括査定サイトなどを経由して不動産価値を調べ、売却と引越しをセットで比較した方が割に合う場合も出てきます

 

 

 

 

。売却額がわかればリフォームにどの程度の費用をかけて得になるかもわかりやすくなります。少しでも費用を節約したいのであれば、物件の不動産価値を知って交渉する下地を作ることが大切なのです。

 

 

 

 

何年住むかもしっかり考える必要があります。

 

 

 

 

長く住むのであればフルリフォームでも割に合う可能性がありますが、その場合は自分が年をとった後に住みやすいかも考えなければならないからです。急な階段の上り下りは足や腰に負担をかけるだけでなく、怪我や事故の原因にもなります。

 

 

 

 

予算に応じて段階的なリフォームを行う場合も、数年後、数十年後の年収などをある程度予測しておく必要があります。そして、予測どおりに行かなかった際のリスクも考える必要があるのです。

 

 

 

漠然とリフォームにお金を使い続けても、返って高くついてしまう場合もあります。

 

 

少しでも楽に、生活をしやすい環境を求めるのであれば、一度一括見積もりを利用した上で将来像の比較をした方が良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらのタウンライフリフォームを利用すれば大手業者から無料でリフォーム費用を一括請求することができますので、まずは一度一括見積もりを依頼するのが良いですね。

 

 

 

家や不動産をリフォームするのに最適なランキングを作りました!

 

 

↓を押すとランキングに飛びます。

 

 

関連ページ

再建築不可物件をリノベーションしたいときにやるべきこと
再建築不可物件をリノベーションしたいときにやるべきことを解説しています。
再建築不可物件のおとくな建て替え方法をわかりやすく解説します!
再建築不可物件のおとくな建て替え方法を解説しています! 結論を言えばリフォームを行うのがベストですね。
家の建て替えは本当にすべき?実はリフォームの方がお得!?
家の建て替えは本当にすべきでしょうか? 実は、リフォームの方がお得なことが多いのです!
都内の再建築不可物件はリフォームすべし!
都内の再建築不可物件はリフォームするのが良いですよ! その理由と、格安でお得にリフォームする方法を教えます。
共有不動産を売却したいなら一括査定を利用すべし!
共有不動産を売却したいなら一括査定を利用するのが良いですよ! 特に高く売れる一括査定をご紹介させていただきます。
建て替えできない土地は一体どうしたら良いの!?
建て替えできない土地は売却したりリフォームしたりするのが普通です。建て替えできない土地の対処法を解説しています。
土地ありの建て替えに必要な費用と気をつけたいポイント
土地ありの建て替えに必要な費用と気をつけたいポイントを具体的に解説しています。お得に建て替えできる方法も語っていますよ!
建て替え不可物件はリフォームするしかない!
建て替え不可物件はリフォームするしかありません! 理由は単純で、リフォームくらいしか使い道がないからです。

ホーム RSS購読 サイトマップ