土地あり,建て替え,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

土地ありの建て替えに必要な費用と気をつけたいポイント

土地ありの立て替えを行う際に気をつけたいのが、全体の流れを把握することです。

 

 

 

 

 

 

見落としがあると想定外の費用が発生してしまうケースが多く、予算をオーバーする原因となります。

 

 

 

見切り発車をせずに業者と念入りに打ち合わせをすることも重要で、気になることはすぐに確認するのが基本になります。建て替えは自分の家だけ出なく、周囲に影響を与えることも考慮する必要があるのです。

 

 

 

 

建て替えを行う際には、まず家の設計が必要になります。

 

 

 

 

家の設計日は建設費の10パーセントから15パーセント程と言われています。

 

 

 

 

 

モデル化された住宅であれば坪30万円から建築が可能で、こだわりがあればそれだけ坪単価は高くなります。有名デザイナーに頼むなど付加価値がつけば坪単価は60万円を超える可能性があります。

 

 

 

 

こだわればこだわるほど設計料もそれだけ高価になりますが、設計がしっかりしていなければ建て替えの許可自体が下りない可能性があります。

 

 

 

 

立地に合わせた設計も重要になるため、しっかりと確認しながら進めたいポイントにもなっています。建築基準法の関係で希望通りの設計ができない場合や、工賃が追加になることもあります。

 

 

 

 

あまり費用を抑えようとすると後々トラブルになる場合もあるため、しっかりと納得してから着手を依頼するのが基本になります。

設計ができた後はどうしたら良い?

設計が出来た後は、建物を解体する必要があります。

 

 

 

 

建物の解体費用は1坪あたり3万円といわれており、地域によってある程度相場が変動します。注意したいのが、解体費用と解体後の処理費用が別計算になる場合があることです。

 

 

 

 

 

家を解体した廃材は、手続きに基づいて処分しなければならず、業者に委託して処分してもらうのが一般的です。

 

 

 

また、周辺に住宅がある場合は解体時に埃が飛ばないようにシートで囲うなどの配慮が必要になる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

こういった作業を養生といいますが、シート代などが実費でかかることがあります。重機などが入れない入り組んだ道の奥や、坂の上など、廃材の運び出しが困難な場合はさらに費用がかかります。

 

 

 

 

道に面している場所でも交通量が激しい場所であれば交通整理の人員が必要になるなど、どうしても費用が膨らんでしまうのです。解体費用に諸経費を加えると坪当たりの解体価格が倍以上に膨らむこともある点に理解が必要です。

 

 

 

 

家を解体しても、土地が軟弱であれば補強工事が必要になる場合もあります。

 

 

日本は地震が多いことから耐震基準は都度見直されており、地すべりなどを防ぐためにも改良の費用がかかることがあるのです。全く必要が無いケースや、土地の面積によって異なるものの、100万円単位の追加費用が発生する場合があります。事前に地盤に問題がないかもチェックしてもらうとトラブルを避けられます。

 

 

 

 

 

家を解体する際に発生する引越しの費用や、仮住まいの家賃などの負担も発生します。

 

 

 

親戚の家を間借りできるなど恵まれた環境になければ、相応のお金がかかることもあります。建築工事が長引いた場合にはそれだけ費用もかさむため、ある程度予算には余裕を持っておいた方が良いのです。

予算は不明確!? 信頼できる業者を選ぼう!

建設途中も任せきりにするだけでなく、時折見に行くことが重要になる場合があります。

 

 

 

工務店の営業と現場で行き違いが発生していて、希望通りに工事が進んでいないこともあるからです。

 

 

 

 

気になる部分は指摘を行い、見積もりの見直しなども含めてチェックする姿勢が大切です。ただ業者に任せるだけでは、手抜きをしてもわからないと思われてしまう場合があるのです。

 

 

 

一度建設が終わった後に気づいても、手直しに追加費用がかかってしまう場合うもあります。

 

 

 

 

契約の内容をしっかりと理解することも大切で、業者の言うことを鵜呑みにしない姿勢も重要なのです。適度な緊張感が施工ミスを防ぐ面でも役立つことがあります。

 

 

 

 

建て替えの費用は最低限の見積もりに収まるケースが珍しく、何らかの追加費用がかかるのが一般的です。

 

 

 

 

 

場合によっては別な工務店に仮の見積もりをしてもらうなど比較しつつ、自分自身が建築に詳しくなることが大切なのです。

 

 

特に坪単価は資材価格や人件費の上昇などによっても大きく変わることがあります。平均値と自分のケースでは大きく変わる場合もあることをよく理解しておいた方が良いのです。

 

 

 

大まかな費用を計算し、割に合わないと思った場合はリフォームなどで手直ししながら済み続ける方法もあります。他にも一括見積もりで土地と家の売却額を確認し、引っ越しや買い替えを検討した方がプラスになる場合もあるのです。

 

 

 

 

家を建て替えるならタウンライフ家づくりが良いですよ!

 

 

その理由を詳しく解説しています↓(クリックすると飛びます)

 

今持っている土地の値段はいくらかすぐにわかります!

関連ページ

再建築不可物件をリノベーションしたいときにやるべきこと
再建築不可物件をリノベーションしたいときにやるべきことを解説しています。
再建築不可物件のおとくな建て替え方法をわかりやすく解説します!
再建築不可物件のおとくな建て替え方法を解説しています! 結論を言えばリフォームを行うのがベストですね。
家の建て替えは本当にすべき?実はリフォームの方がお得!?
家の建て替えは本当にすべきでしょうか? 実は、リフォームの方がお得なことが多いのです!
都内の再建築不可物件はリフォームすべし!
都内の再建築不可物件はリフォームするのが良いですよ! その理由と、格安でお得にリフォームする方法を教えます。
共有不動産を売却したいなら一括査定を利用すべし!
共有不動産を売却したいなら一括査定を利用するのが良いですよ! 特に高く売れる一括査定をご紹介させていただきます。
建て替えできない土地は一体どうしたら良いの!?
建て替えできない土地は売却したりリフォームしたりするのが普通です。建て替えできない土地の対処法を解説しています。
再建築不可物件のリフォーム費用はどの程度かかるの?
再建築不可物件のリフォーム費用はどの程度かかるのでしょうか? 激安で終わらせる方法を教えます!
建て替え不可物件はリフォームするしかない!
建て替え不可物件はリフォームするしかありません! 理由は単純で、リフォームくらいしか使い道がないからです。

ホーム RSS購読 サイトマップ