建て替えできない,土地,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

建て替えできない土地は一体どうしたら良いの!?

建築基準法は時代に合わせて変わっていて、現在の基準では建築基準法違反になってしまうケースがあります。

 

 

 

 

建築当時の法律が適用されれば問題はないものの、立て替えなどをする際は新しい法律を基準にしたチェックが必須になります。そのため、法律的に立て替えが不可能な物件も存在するのです。

 

 

 

 

 

 

立て替えができない土地にはいくつか分類があります。

 

 

 

 

1つ目は都市計画の範囲に含まれており、道路工事などで立ち退きなどが前提になっている場合です。この場合は売却するのがもっとも手軽で確実な方法です。

 

 

 

 

保証金などを受け取れる可能性もあるため、都市計画や再開発を推進する市区町村の担当部署で詳しい話を聞くのが基本になります。

 

 

 

 

2つ目は道路に面していないなど、現在の建築基準を満たしていないケースです。

 

 

 

現在の建築基準法は消防活動などを視野に入れ、一定以上の面積が道路に面していることが義務付けられています。

 

 

 

 

そのため、徒歩でしか入れないような入り組んだ場所では建て替えの許可が起きない可能性が高く、古い住宅密集地ではありがちな状況になっています。

 

 

 

 

更地にしても際建築ができないため価値が向上せず、売却に困ってしまうケースもあるのです。

 

 

 

 

この場合はまず一括査定サイトで査定額を調べてみるのがおすすめです。

なぜ一括査定サイトを利用するのが良いの?

再建築が不可能な場所でもまとめて周囲の家を買い取ることで新たな住宅が建設が可能な場合があります。

 

 

 

 

そのため、条件次第では高く買ってもらえることもあるのです。まずはどの程度の査定額がつくかを確認するのが基本といえます。

 

 

 

地元の不動産会社に依頼した方が査定額が高くなるとは限らないのもポイントです。

 

 

 

不動産は購入して終わりではなく、売却までの期間や戦略が重要になります。

 

 

 

有効な活用法方が見つからない場合は購入自体がリスクになる場合があるため、購入自体ができないケースもあるからです。

 

 

 

捨て値同然で、固定資産税の節約だけの理由で売却するのはつらいものがあります。そのため、一括査定サイトでより高く購入してくれる場所を探すのが大切で、どの程度なら売れるという目安をつけることができるのです。

 

 

 

特に良いのがこちらのイエイですね。

 

 

あなたの不動産、今いくら?無料の一括見積もりで最高価格を知ろう!

 

 

イエイは国内最高峰の不動産一括査定サイトとして知られておりまして、イエイを利用した多くの人が建て替えできない土地の高額査定に成功しています。

 

 

 

土地を売るのであればまずはイエイで一括査定をお願いするのがベストですね。

 

 

 

立て替えができない理由が道路に面していないことが原因の場合、道路までの道を作ることや、家の面積を小さくすることで建て替えの許可が下りることもあります。

 

 

 

 

 

 

建て替え付加の理由をしっかり確認した上で建設事務所などに相談するのも方法で、解決策のひとつにもなっているのです。

 

 

 

 

 

一括査定で確認した売却額と比較しつつ、立て替えた方がよいかより便利な土地に引っ越した方がいいか検討してみるのも方法です。

 

 

 

火災などの災害時に危険が及ぶことを考えて、コストではなく安全性で考えるのも大切なポイントといえます。

リフォームという手段もアリ!!

立て替えができなくてもリフォームなどは可能な場合もあります。

 

 

 

都心部など交通に便利な場所は再建築が不可能でも十分な需要が見込める場合があります。

 

 

 

査定額が高い業者が多い場合は需要が強く、リフォーム前提で購入する業者がいる可能性が高いのです。リフォームして賃貸として利用する人もいるため、選択肢として考えておくのも方法です。

 

 

 

 

もちろんそのまま賃貸として利用できる場合もありますが、実際に借りたいと思う人がいるかどうか考えることが重要です。

 

 

 

 

地域の家賃相場などを考慮した上で、賃貸物件として魅力的かどうかが大切なのです。

 

 

 

リフォームして売却する方法もありますが、再建築不可物件は銀行からの融資を受けづらくあまり高額だと売れない傾向があります。お金をかけすぎても満足いく金額で売れなくなる場合があるのは覚えておきたいポイントです。

 

 

 

資本がある場合は周辺の住宅を購入して道路まで道を確保するなど、大規模な土地として売却する方法もあります。

 

 

 

もちろん自分で住宅を建てなおす方法もありますが、どのように活用するかは法律上の知識や不動産取引の経験が必要になります。専門のアドバイザーを雇った場合はその分費用がかかるため、割に合うかどうかは常に考える必要があります。

 

 

 

大切なのは、再建築が不可能な土地であっても、活用方があることを理解する点です。まずは捨て値でしか売れないかを一括査定サイトで確認し、それから各種の対策を検討するのがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

変わったところとしては、更地にしてから畑などとして自治体や周辺住民に貸し出すといった活用法もあります。アイディア次第で需要を掘り起こせることもあるだけでなく、副収入に変えられることもあるのです。

 

 

 

家や不動産をリフォームするのに最適なランキングを作りました!

 

 

↓を押すとランキングに飛びます。

 

 

関連ページ

再建築不可物件をリノベーションしたいときにやるべきこと
再建築不可物件をリノベーションしたいときにやるべきことを解説しています。
再建築不可物件のおとくな建て替え方法をわかりやすく解説します!
再建築不可物件のおとくな建て替え方法を解説しています! 結論を言えばリフォームを行うのがベストですね。
家の建て替えは本当にすべき?実はリフォームの方がお得!?
家の建て替えは本当にすべきでしょうか? 実は、リフォームの方がお得なことが多いのです!
都内の再建築不可物件はリフォームすべし!
都内の再建築不可物件はリフォームするのが良いですよ! その理由と、格安でお得にリフォームする方法を教えます。
共有不動産を売却したいなら一括査定を利用すべし!
共有不動産を売却したいなら一括査定を利用するのが良いですよ! 特に高く売れる一括査定をご紹介させていただきます。
土地ありの建て替えに必要な費用と気をつけたいポイント
土地ありの建て替えに必要な費用と気をつけたいポイントを具体的に解説しています。お得に建て替えできる方法も語っていますよ!
再建築不可物件のリフォーム費用はどの程度かかるの?
再建築不可物件のリフォーム費用はどの程度かかるのでしょうか? 激安で終わらせる方法を教えます!
建て替え不可物件はリフォームするしかない!
建て替え不可物件はリフォームするしかありません! 理由は単純で、リフォームくらいしか使い道がないからです。

ホーム RSS購読 サイトマップ