再建築不可物件,都内,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

都内の再建築不可物件はリフォームすべし!

【都内にもある再建築不可物件】

 

 

 

一般的に家も消耗品であり、20〜30年ほど経過すると耐久度も落ちますし、耐震性も不安になってきます。

 

 

 

そのため、その建物に住んでいる人間、所有している人間がメンテナンスを行って家の強度を確認・修復する必要性があります。

 

 

しかし、それでも何十年という月日と風雨に晒されたりする建物の強度をメンテナンスだけで持ちこたえさせるのはやはり難しくなってきますので、場合によっては建て替えも検討しなければなりません。

 

 

 

ところが、世の中には「再建築不可物件」と呼ばれる建て替えができない物件があり、それらは都内のような都市部にもまだ存在している事はご存知でしたでしょうか。

〜建て替えできない「再建築不可物件」とは?〜

「再建築不可物件」は文字通り「その再建築ができない土地にある物件」であり、一度解体してしまうと二度と再建築ができないために解体ができない物件です。

 

 

 

 

通常、建物を建てる場合は違法建築とならないためにも行政・民間の検査機関に建築確認の申請が必要であり、検査を無視して建物を建てる事はできません。

 

 

 

しかし、その際に「この土地では建物を建てる事ができません」と言われてしまいますし、そもそも建築ができない土地の建築を請け負ってくれる建築会社やハウスメーカーもいません。

 

 

 

 

よって、「再建築不可物件」となっている家を建て替えようとしても許可は下りない、建て替えを請け負ってくれる会社も無い、かといって「再建築不可物件」は資産価値も低いために不動産業者様も積極的に売る事ができない、売れたとしても二束三文と問題だらけの物件と言ってもいいでしょう。

 

 

 

〜なぜ「再建築不可物件」が存在するのか?〜

日本は戦後、焼け野原となってしまった土地に沢山の家や建物が次々に建ち、まさに建築ラッシュと言えるような状態でした。

 

 

しかし、戦後の深い傷がまだ残る日本で今のような厳しい建築基準で建築許可を出すのは難しい背景もあったのかと思われるため、「最低限、このルールは守ってください」程度の縛りしかなかったような無法状態でもあったのです。

 

 

 

そのため、建物はどんどん建ち並ぶようにはなりましたが同時に今の基準で見れば間違いなく許可がおりないような違法建築の物件も多かったのです。

 

 

 

そして、戦後から数十年、建築基準法も整備されて建築許可が下りる基準も戦後間もない頃に比べれば厳しくなりました。

 

 

 

そして法改正も進み、戦後間もない頃に建った場所の建築物が「再建築不可物件」として指定されるようになったという理由が「再建築不可物件」が存在する原因と言われています。

 

 

 

 

また、本来は建物が建てられない土地に無理矢理建築を行って建てた家もあり、そのような違法建築の家も「再建築不可物件」として指定されています。

【都内の再建築不可物件をどうするべきか?】

「再建築不可物件」の数自体は徐々に減りつつありますが、「再建築不可物件」はこの日本でもまだ数多くあり、都内にある古い家等でも「再建築不可物件」が残っている所もあります。

 

 

「再建築不可物件」が淘汰されない背景としてはやはりまだ住民が住んでいる事もあって、強制的な排除はできないのはやむを得ない状況です。

 

 

 

 

〜お買い得物件?〜

 

 

そんな「再建築不可物件」ですが、見方を変えればお買い得物件である可能性もあるのです。

 

 

特に都内では物件価格も他府県と比べると遥かに高く、「都内で一軒家が欲しい」と考えていてもその物件価格から中々手が出せない状態です。

 

 

しかし、「再建築不可物件」であれば安く購入できる事からお買い得物件という見方もできなくはありませんが問題もあります。

 

 

 

「再建築不可物件」は建物が古くなっている事が多く、建て替えできないので耐久度や耐震性に不安が残りますし売ろうと思った時に不動産価値が低いので手放すのも難儀する可能性がある事を考えておかなければなりません。

〜建て替えできない「再建築不可物件」、けどリフォームは可能〜

不思議な話ではありますが「再建築不可物件」は建て替えこそできませんが、リフォームは行う事ができるのです。

 

 

 

そのため、「再建築不可物件」でもまだ建物の状態が良いのであれば不満箇所や悪くなった箇所だけをリフォームで改善する事が可能です。

 

 

 

また、リフォームであれば建て替えと比べるとコストも大幅に抑える事が可能です。

 

 

 

特に、こちらのタウンライフリフォームを利用すれば格安で自分の好きなプランを選択してリフォームすることができますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「再建築不可物件」でももしかすると意外なお宝物件となる可能性もありますが、はたしてリフォームする価値があるのかどうか?

 

 

 

 

リフォームしたい箇所以外にもリフォームしなければならない箇所が他にも出てきた場合はどうするか?といった注意点もあります。

 

 

 

都内で中々手が出せない一軒家ですが「再建築不可物件」だと安く購入する事が可能であり、リフォームでカバーできるのであれば都内で夢のマイホームを購入できるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ですが、不動産購入は後の事もしっかりと考えて購入するべき大きな買い物なのでよくよく検討してください。

 

 

 

家や不動産をリフォームするのに最適なランキングを作りました!

 

 

↓を押すとランキングに飛びます。

 

 

今持っている土地の値段はいくらかすぐにわかります!

関連ページ

再建築不可物件をリノベーションしたいときにやるべきこと
再建築不可物件をリノベーションしたいときにやるべきことを解説しています。
再建築不可物件のおとくな建て替え方法をわかりやすく解説します!
再建築不可物件のおとくな建て替え方法を解説しています! 結論を言えばリフォームを行うのがベストですね。
家の建て替えは本当にすべき?実はリフォームの方がお得!?
家の建て替えは本当にすべきでしょうか? 実は、リフォームの方がお得なことが多いのです!
共有不動産を売却したいなら一括査定を利用すべし!
共有不動産を売却したいなら一括査定を利用するのが良いですよ! 特に高く売れる一括査定をご紹介させていただきます。
建て替えできない土地は一体どうしたら良いの!?
建て替えできない土地は売却したりリフォームしたりするのが普通です。建て替えできない土地の対処法を解説しています。
土地ありの建て替えに必要な費用と気をつけたいポイント
土地ありの建て替えに必要な費用と気をつけたいポイントを具体的に解説しています。お得に建て替えできる方法も語っていますよ!
再建築不可物件のリフォーム費用はどの程度かかるの?
再建築不可物件のリフォーム費用はどの程度かかるのでしょうか? 激安で終わらせる方法を教えます!
建て替え不可物件はリフォームするしかない!
建て替え不可物件はリフォームするしかありません! 理由は単純で、リフォームくらいしか使い道がないからです。

ホーム RSS購読 サイトマップ