ワンルームマンション,投資,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ワンルームマンション投資はおすすめできません!

【ワンルームマンションへの投資】

 

 

投資には様々な種類があり、株式のような金融商品への投資もあればこれから飛躍する可能性のあるプロジェクト等に投資をするなど、今では投資のスタイルは様々な形で存在しております。

 

 

投資の中でもいまだに根強く行われているのが不動産投資であり、マンション・アパートといった不動産を購入し、それらから家賃収入を狙うスタイルも現役です。

 

 

 

しかしながら、当然リスクもありますので不動産投資は失敗した時に大きな借金等を抱えてしまう事になるのです。

 

 

 

さて、マンションといっても様々な形式があり、都心部に建っている様な超高級マンションや単身赴任の方向けマンションもあります。

 

 

 

その中でもワンルームマンションは文字通りワンルーム形式のマンションであり、主に大学生の一人暮らしや事業を立ち上げる予定のある方に人気があります。

 

 

 

しかし、なぜか不動産投資の世界では「ワンルームマンションだけには投資するべきではない」という意見があります。

 

 

 

 

この意見ははたして本当なのか?それとも本当は儲かるのに誰かがウソをついているのか?について、今回はワンルームマンションへの不動産投資について考えて見ましょう。

【ワンルームマンションは不動産投資すべきではないのか?】

「ワンルームマンションへ不動産投資をするべきではない」と言う意見は多数ありますが、それには例として以下のような理由があるからとされています。

 

 

 

 

〜新築のワンルームマンションもいずれは朽ちる〜

 

 

 

建物全般に言える話ではありますが、建物もいずれは老朽化してきますので様々な部分において修繕が必要になってきます。この老朽化によって次のような事に悪影響が出てくるのです。

 

 

・節税効果が無くなっていく。

 

 

 

よくマンションは節税効果があると言われておりますがそれは最初の数年間だけです。

 

 

新築であればまだ建物がいきなりボロボロになる事は無いのですが、時間と共にマンションの管理・修繕費用のほうが大きくなって来るようになりがちなので、節税効果の恩恵を感じる事ができるのは最初の内ぐらいです。

 

 

 

また、老朽化に伴って新築当時のままの家賃設定では入居者が不満をもってしまいますので、いくらか家賃の引き下げも検討しなければなりません。

 

 

 

しかし、そうなると収益がダウンする原因となってしまいますので、節税効果も消えてくる時期も重なれば収益もあまり期待できなくなるでしょう。

 

 

 

 

・老朽化によって不動産としての価値もダウン。

 

 

老朽化によってガタが来るのは建物だけではなく、不動産としての価値も下がっていくのです。

 

 

基本的にどんな新築ワンルームマンションであっても人が一度でも入居すれば中古のレッテルが貼られてしまいます。

 

 

 

そのため、「ワンルームマンションを新築で買った時の価値」に対して「ワンルームマンションを中古として売る時の価値」のほうが上になる事はありませんので、買った当時よりも安い値段でしか売れなくなってしまうのです。

 

 

 

また、新築マンションは販売促進のために広告費や人件費もマンションを購入した時の価値に含まれておりますので、その分の差額も加わってより価値が大きく下がって思えてしまいます。

 

 

 

 

 

・入居者も寄り付かなくなる。

 

 

古いワンルームマンションでも駅が近い、買い物がしやすいといったような好条件があるのならば入居者にも悩まなくて良いかもしれません。ですが、そのような好条件が無い老朽化して古くなってきたマンションだと新しい入居者が来る事が難しいでしょう。

 

 

そして、次第に空室が目立つようになってくると当然ですが収益は発生しませんが、収益が無かったとしても固定資産税等の維持費は容赦なく発生してくるので、徐々に赤字になる可能性もあるのです。

 

 

 

 

〜借金が返せなくなるリスク〜

 

 

不動産投資の時に必須とも言えるのがやはり購入資金であり、場合によっては借金をしてまで不動産投資をしようと考える方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

 

しかし、ワンルームマンションへの不動産投資は上記でも述べたように時間と共に様々な課題や問題が発生してくるため、場合によっては収益を上回る出費が重なってくるようになったり、空室が目立つようになってしまうと収益がダウンするので借金は大きな悩みの種となります。

【ワンルームマンション経営よりもアパート経営をすべきか?】

ワンルームマンション経営は長期の運営となりますが、人間何十年先の事なんて何があるか予想はできません。

 

 

ではマンションではなくアパートならばどうなのか?についてですが、アパートだと規模にもよりますが少し空室が目立ったぐらいでは経営が傾く事は無いでしょう。

 

 

 

また、購入費用も中古であれば1000万円以内で買う事も夢ではありません。

 

 

 

ですが、当然リスクとして多数の部屋が空室になったり、家賃滞納への対処などもあります。そのため、決してアパート経営のほうがお得とは言えませんので、アパート経営をする時も必ず事前のリサーチは必須です。

 

 

 

 

 

そしてアパート経営で成功したければ事前の情報収集がとても重要になるのですが、実はアパート経営に関する情報は完全無料で有益な情報を仕入れることができるのですね。

 

 

 

 

 

具体的に方法論を申し上げます。

 

 

 

 

こちらのスマイスターを利用すればアパート経営で成功するための本質を知ることができますよ。

 

 

 

スマイスター土地活用無料一括

 

 

スマイスターはとても優れたサービスでございまして、スマイスターを活用している人は350万人以上を突破した実績がある優良サービスです。

 

 

 

 

 

なぜここまでスマイスターは人気があるのか?

 

 

 

 

 

理由は単純。完全無料で利用できるのにもかかわらず、土地活用に関する質の高い情報を仕入れることができるからなんですね。

 

 

 

 

ワンルームマンション投資は色々と問題が大きいのですが、アパート経営であれば稼ぐ可能性も高くなりますし、なぜアパート経営が良いのか?というロジックはスマイスターを利用すれば簡単に理解することができます。

 

 

 

 

投資は投資回収率が重要です。

 

 

 

 

しっかり投資して、がっつり資金を回収することが重要になるため、投資回収率が低いワンルームマンション投資よりもアパート経営を選んだ方が良いのです♪

関連ページ

不動産投資の利回りを高める方法とは?
不動産投資の利回りを高める方法を解説しています。これさえ読めば不動産投資の利回りを極大化することができます。
知っておきたい不動産投資のリスクとは?
不動産投資のリスクをわかりやすく解説しています。そして無料でリスクを避けて利益を得る方法も解説していますよ!
不動産投資のよくある失敗を避けるポイント
不動産投資のよくある失敗を解説し、不動産投資の失敗を避ける方法をわかりやすく解説しています!
不動産投資の成功率は低いって本当?成功率を高めるコツとは?
不動産投資の成功率は低いと言われています。この原因と成功率を高めるコツを解説させていただきました。
不動産投資の成功例は?成功する人の特徴も徹底解説!
不動産投資の成功例はゴマンとありますが、成功例も解説しつつ失敗する人のパターンも合わせて解説させていただきます。
不動産投資はなぜ手残りが重要になるのか?
不動産投資はなぜ手残りが重要になるのかをわかりやすく解説させていただきました。
高利回り不動産の定義ってなに?どこから高利回りなの?
高利回り不動産の定義はどうなっているのでしょうか? どこから高利回りになるかも解説しています。
不動産投資をしたいけど貯金(貯蓄)が全くない!大丈夫?
不動産投資をしたいけど貯金が全くないという人は多々いらっしゃいます。その人のために解決策を書きました。
不動産投資で借金をするのは悪?なぜ皆借金をするのか
不動産投資で借金をするのは悪ではありません。その理由をわかりやすく解説させていただきます。
頭金なし!0円で不動産投資を行うことは可能なの?
頭金なしで不動産投資を行うのは可能です。ただし、その分難易度は高くなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ