不動産投資,失敗,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

不動産投資のよくある失敗を避けるポイント

【不動産投資の失敗とは?】

 

 

 

「不動産」と言えばやはり土地や建物等のイメージがあり、人が生活をしていく上では不動産の存在は不可欠です。

 

 

例えば人は家やマンションといった不動産がなければ生活拠点をもてませんし、新しい事業等のために建築物を建てたりする土地、会社がオフィスを構える時も、不動産の立地条件等は会社のグレードを決めますので、企業においては社運すらかかっているほど、不動産には重要な役割がある言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

 

このように不動産は我々の生活に強く密着しておりますので、中にはこの不動産に対する投資をして利益を狙おうと考える方もいらっしゃいます。

 

 

 

確かに不動産投資では人気のマンション・アパート経営であれば利益も年間1千万円を超える事も不可能ではありませんし、マンション・アパート経営よりかは利益は落ちますが、土地があればほぼできる駐車場経営も不動産投資の対象となっている事が多いです。

 

 

 

しかし、大きな利益を生んでくれる可能性がある不動産投資にも当然ですがリスクという物は存在しております。

 

 

今回は不動産投資におけるリスクについて失敗例を交えながらご紹介していきます。

【不動産投資における失敗例】

不動産投資は成功ばかりの世界ではなく、時には失敗例も多く発生しております。

 

 

 

〜不動産投資における失敗例その1 「周囲の状況が変わった」〜

 

 

 

 

マンション・アパート・駐車場への不動産投資における基本であり、最初にやるべき事が周囲の状況をリサーチすることです。例えば「近くに駅はあるか?」において、もしも駅が近くにあるならばマンション・アパート・駐車場いずれにおいても利用者が見込めるので経営において追い風となってくれるでしょう。

 

 

 

 

また、大学が近くにあるならば大学生がマンションやアパートを借りてくれる可能性があり、周囲に稼働率が常に高い駐車場が多いならば駐車場の利用者も見込めます。

 

 

 

しかし、その時は良くても後から状況が良くも悪くも変わってくる可能性は大いにあります。

 

 

 

失敗例によくあるのが「人が集まりやすいロケーションの閉鎖・消滅」であり、例として「大学が移転した」「病院が閉鎖した」という事があります。このような人が集まるロケーションが閉鎖してしまうとそれまでの利用者もはなれて姉妹、満室にしたくでも他に人が集まるようなロケーションが無い限りは空室が目立ってくるリスクがあります。

 

 

 

このように不動産投資において最も怖いのが「周囲の状況変化」というまさに後出しジャンケンのような事が起きる可能性がある事です。

 

 

 

 

ですが、周囲の状況変化は悪い事ばかりではなく、もしかすると新しく人が集まるロケーションが誕生する可能性もありますので、その場合はさらに人が集まって収益が高まる可能性もあるのです。

〜不動産投資における失敗例その2 「空きが目立ってきてしまった」〜

不動産投資における失敗例としてはかなり初歩的なことですが、「高利回り物件に惹かれて買ったのに…」という形で失敗をしている方は多くいらっしゃいます。

 

 

確かに地方等の物件価格が安い不動産であれば、高利回りとなりやすいので高い収益が期待できるために思わず不動産投資をしてしまいそうになります。

 

 

 

しかし、高利回りというのは同時に高いリスクを秘めております。利回りが高くなる理由の一つはその不動産の購入価格が安い事ですが、ここで「あれ?」となった方もいるかもしれません。

 

 

 

 

「購入価格が安い不動産」という事は「何かがあるのでは?」と考えるべきです。

 

 

 

例えばアパート購入当時は入居者はほぼ満室状態だったのに、時と共にドンドン減っていって空室が半分以上目立つようになったというケースもあります。

 

 

 

こうなってしまうとアパートの周辺に人の集まるロケーションなどが近くにできれば、次の入居者も来るかもしれませんが望みとしては希薄でしょう。

 

 

 

 

さらに、空室が目立ってきたとしてもアパートには修繕費・管理費・税金等の出費が必要な事があり、出費が重なってくると次第に経営が苦しくなるリスクはあります。

 

 

 

よく「高利回り物件!」という広告に惹かれる方はいらっしゃるかもしれませんが、「将来的にはどうなるんだろう?」ということを視野に入れなければなりません。

 

 

 

 

【まとめ:その他の失敗例について】

 

 

 

不動産投資におけるその他のリスクですが、借金のローンが支払えなくなったり、さらにはアパートやマンション、駐車場の利用者様も全てが問題なく利用料金を払えるわけではありませんので、滞納のリスクもあります。

 

 

 

さらに時と共に建物は古くなるので、新築当時のままの家賃ではつりあわなくなってくる事から家賃を下げたり、物件価格の低下も考えなければなりません。

 

 

 

 

このように不動産投資には様々なリスクがありますので、不動産投資をするならば失敗を避けるためにも事前の知識を得る事とリサーチは必須です。

不動産投資の失敗を避けるコツとは?

不動産投資を初めて収益を上げることができなくて失敗する人は現実にいらっしゃいます。

 

 

 

 

これが不動産投資の怖いところなのですが、実際問題、不動産投資に成功して自由な時間とお金を手に入れている人もたくさんいらっしゃるのです。

 

 

 

 

 

成功して勝ち組になりたければどうしたら良いのか?

 

 

 

 

それは不動産投資のリスクをしっかりと理解し、失敗を避ける行動を取ることです。誤解を招かないように申し上げますが、失敗を避けるとは挑戦から逃げるという意味ではありません。

 

 

 

リスクを理解した上で挑戦するのです。

 

 

 

 

成功者はリスクを理解し、挑戦するから不動産投資で成功を収めることができるのです。

 

 

 

 

そして成功者ほど情報収集をしっかり行い、最適な土地活用プランを学んでいるのですね。

 

 

 

 

不動産投資で成功する人が多く利用しているのがこちらのスマイスターです。

 

 

 

 

 

スマイスターは不動産投資を始めるなら利用した方が良いサービスでございまして、むしろ利用しない理由がないほどですね。

 

 

 

完全無料で自分に合った最適な土地活用プランを知ることができますし、しかも情報源がプロからの情報であるため、非常に情報の質が高いんですよ。

 

 

 

実際にスマイスターは350万人以上が利用した実績があるのですが、ここまで多くの人がスマイスターを利用しているのは不動産投資に関する質の高い情報が無料で得られるからなんですね。

 

 

 

 

 

マンション投資、駐車場投資、不動産賃貸……。これらの幅広い不動産投資のリスクを知ることができ、不動産投資で成功を収めるための室の高い情報をプロが提供してくれるからスマイスターは人気があるのです。

 

 

 

スマイスター土地活用無料一括

 

 

 

 

スマイスターはこちらから完全無料で資料請求することができます。

 

 

 

 

不動産投資の失敗を避けるのに大変役立ちますので、スマイスターを活用して情報戦で勝利してくださいませ!

関連ページ

不動産投資の利回りを高める方法とは?
不動産投資の利回りを高める方法を解説しています。これさえ読めば不動産投資の利回りを極大化することができます。
知っておきたい不動産投資のリスクとは?
不動産投資のリスクをわかりやすく解説しています。そして無料でリスクを避けて利益を得る方法も解説していますよ!
ワンルームマンション投資はおすすめできません!
ワンルームマンション投資はおすすめできません! その理由と、他にどんな投資が良いのかご紹介させていただきます。
不動産投資の成功率は低いって本当?成功率を高めるコツとは?
不動産投資の成功率は低いと言われています。この原因と成功率を高めるコツを解説させていただきました。
不動産投資の成功例は?成功する人の特徴も徹底解説!
不動産投資の成功例はゴマンとありますが、成功例も解説しつつ失敗する人のパターンも合わせて解説させていただきます。
不動産投資はなぜ手残りが重要になるのか?
不動産投資はなぜ手残りが重要になるのかをわかりやすく解説させていただきました。
高利回り不動産の定義ってなに?どこから高利回りなの?
高利回り不動産の定義はどうなっているのでしょうか? どこから高利回りになるかも解説しています。
不動産投資をしたいけど貯金(貯蓄)が全くない!大丈夫?
不動産投資をしたいけど貯金が全くないという人は多々いらっしゃいます。その人のために解決策を書きました。
不動産投資で借金をするのは悪?なぜ皆借金をするのか
不動産投資で借金をするのは悪ではありません。その理由をわかりやすく解説させていただきます。
頭金なし!0円で不動産投資を行うことは可能なの?
頭金なしで不動産投資を行うのは可能です。ただし、その分難易度は高くなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ