不動産投資,成功例,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

不動産投資の成功例は?成功する人の特徴も徹底解説!

正直に申し上げると不動産投資の成功例はたくさんあるんですよ。

 

 

 

アパート経営に成功した人もいらっしゃいますし、一戸建て賃貸経営に成功した黄金ガールさんという方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

ただ、多くの人はマインドそのものがしっかりしているのが特徴です。

 

 

 

私も不動産投資が大好きで数々の不動産投資家の考えを調べるのが趣味なので、今成功している日本人の不動産投資限定で不動産投資で成功している人の特徴も解説させていただきます。

儲からない状態から年収3億円以上獲得した極東船長さん

極東船長(きょくとうせんちょう)さんという方がいらっしゃいます。

 

 

 

極東船長は元は船乗りをしていたのですが、船の転覆を気に陸の仕事に就いたのですが年収が280万円しか稼げず、このままではまずいと思って中古アパート経営をはじめました。

 

 

 

 

その結果、金利が4.5%で非常に高く、利回り10%のアパートを経営していても年間で70万円しか残らなかったという過去がございます。

 

 

 

結局最初買ったアパートは家賃収入では儲からず、売却した益を出したという形で終わりましたね。

 

 

極東船長が不動産投資を始めた頃はローンの利息も高く、今のように低金利で借りられる時代ではありませんでした。

 

 

 

 

そして二棟目のアパートを買ったときは10年間ローンを支払続け、手残りは0という状態でございまして、ローンを返済し終わったら1棟年間200万円というお金が手残りになったのですね。

 

 

 

 

 

 

そんな感じで極東船長が始めた当初は全く儲からないのが普通だったんですよ。

 

 

 

いつ始めたか言うのが遅くなりましたが、極東船長さんは平成7年に不動産投資を始めました。

 

 

 

 

当時の不動産投資はローンを全て返し終えてからようやく果実が得られるという形の投資だったんですよ。そして全員がその考え方でやっていたので今よりも過酷だったのです。

 

 

 

 

 

今はそんなことはありません。

 

 

 

 

金利が安くなった影響もあり、「アパートを保有している間も家賃収入が発生し、そのお金でローンを返済して手残りがでる」という理想的な状態になっています。

 

 

 

 

昔はもっと条件が厳しかったのですね。

 

 

 

一棟目と二棟目は耐え忍ぶための投資であり、ローンを支払え終えることができたらようやく拡大するための資金が貯まるというレベルです。

 

 

 

 

当然のことながら耐え忍んでいる間は他の仕事をしながらお金を稼ぐという形であり、当時は今よりもだいぶ大変だったのです。

 

 

 

 

 

極東船長が成功したのは努力。一棟目、二頭目の中戸アパートを購入してローンを支払い続け、ローンが支払い終わって手残りが残った形で次に新築アパートなどを建設したから上手くいったのです。

 

 

 

不動産投資は決して楽に不労所得が稼げるものではありません。

 

 

 

厳密に言えば楽に稼ぐことも可能なのですが、そうするとどんどん仲介業者やリフォーム業者といった人たちが入ってきて利益が少なくなってしまうんですよ。

 

 

 

 

 

そして極東船長が成功した理由はもう一つございまして、ある程度家賃収入を得たら物件を売却してキャピタルゲイン(売却益)を得るという形で成功してきました。

 

 

 

そして自己資金を積み増しして少しずつ規模を増やしてきたから成功を実現できたのですね。

鬼のような指値で成功した加藤ひろゆきさん

加藤ひろゆきさんは鬼のような指値という単語を生み出したとても有名な投資家の方です。

 

 

 

 

元はアメリカで役者をやっていたのですが、夢破れて挫折して日本に帰国。そして日本で会社勤めをしていたのですが上司のわけの分からない命令に辟易して独立を目指すようになります。

 

 

 

 

 

そこで編み出した戦略がボロ物件を安く買うこと。

 

 

 

完全に放置されて使いみちがないボロ物件がたくさん売られているため、そのボロ物件を30万円といった価格で指値を出し、買った後は自分でリフォームして賃貸するという形で成功してきました。

 

 

 

 

これは究極の弱者の戦略であり、安く買って高く売るという本質を突いています。自分でリフォームするという労働力は必要になりますが、結果を言えば加藤ひろゆきさんはこのやり方で念願の自由とお金をつかむことができました。

 

 

 

 

 

 

この方法はお金がない人ほどおすすめすることができます。

 

 

 

 

最近の不動産投資の流行りは一等地に不動産を買って家賃収入を得るという形ですが、それでもいいんですよ。

 

 

 

 

ただ、最初から自己資本がない初心者がその方法で成り上がるのは厳しいです。

 

 

 

 

加藤ひろゆきの手法は安定しているんですよね。

 

 

 

一戸建てという需要が多い割には供給量が少ない物件を鬼のような指値で現金で購入し、購入した後は自分でリフォームするからお金がかからないという手段で成功したのです。

 

 

 

 

はっきり言って素晴らしいです。

 

 

 

 

加藤ひろゆきの戦略が王道の弱者の戦略なのは、「お金をかけない代わりに労働力を投入して成功した」からなんですね。

 

 

 

 

これを繰り返すことによって家賃はほとんど手残りになりますし、家賃をコツコツと貯めてまた新しい物件を買って再生するのです。

 

 

 

 

同じことの繰り返しで加藤ひろゆきは念願の望みだった自由な時間を手に入れることができたのですね。

 

 

 

 

加藤ひろゆきはアマゾンでも本を出版しているため、自分の戦略を多くの人に伝えるという社会貢献を成し遂げているのです。

失敗例は?

失敗例として有名なのはまりおさんですね。

 

 

 

まりおさんはお金持ちになりたいという理由でフルローンでアパートを購入したのですが、このアパート自体は優良物件なんですよ。

 

 

4000万円で購入したアパートの表面利回りは27%。すぐに買い手がつくほどの優良物件であり、入居率も90%以上あったほどのアパートです。

 

 

 

 

 

普通だったらこれで成功しないとかありえないんですよね……。

 

 

 

 

まりおさんは正直に申し上げてマインドが出来上がっていませんでした。

 

 

 

 

 

 

まりおさんは自作の漫画で、「僕だって優良物件さえあれば……」ということを書いていましたが、そもそもここまでの優良物件を持っているのに失敗する方が珍しいのです。

 

 

 

 

 

まりおさんが失敗した原因は税金に関して無知だったことであり、そしてアパートを保有している立場だから保育園の費用や住んでいる公営住宅の家賃も上がったりして散々な目に会いました。

 

 

 

 

 

 

そういうのもしっかり調べれば防げる問題なんですけどね……。

 

 

 

 

いくら優良物件を持っていてもマインドがしっかりしていないと失敗するんですよ。先程ご紹介させていただいた極東船長さんは最初の物件が全く儲からないのにもかかわらずその後挽回した成功者ですからね。

 

 

 

 

 

まりおさんももう少し耐え忍べば後々楽になっていくというパターンだったのです。オーバーローンという形でお金を借りたのも痛手でしたが、リフォーム費用が高すぎてどうしようもならなかったのもアウトでしたね。

 

 

 

 

 

大切なのは使うところにはお金を使い、自分でできるところは自分で行ってお金を残すこと。

 

 

 

大切なのは手残りです。手残りがあれば新たな不動産を購入することもできますし、いざというときの支出も対処することができるのでしっかりお金を残すことが重要なのです。

 

 

 

 

 

これらの成功例や失敗例を教師にしてあなたも不動産投資で成功することをお祈りさせていただきます。

 

 

 

 

マンション・アパート経営を行うならこのランキングを利用すべし!

 

 

↓下をクリックでランキングページに飛ぶことができます

 

関連ページ

不動産投資の利回りを高める方法とは?
不動産投資の利回りを高める方法を解説しています。これさえ読めば不動産投資の利回りを極大化することができます。
知っておきたい不動産投資のリスクとは?
不動産投資のリスクをわかりやすく解説しています。そして無料でリスクを避けて利益を得る方法も解説していますよ!
不動産投資のよくある失敗を避けるポイント
不動産投資のよくある失敗を解説し、不動産投資の失敗を避ける方法をわかりやすく解説しています!
ワンルームマンション投資はおすすめできません!
ワンルームマンション投資はおすすめできません! その理由と、他にどんな投資が良いのかご紹介させていただきます。
不動産投資の成功率は低いって本当?成功率を高めるコツとは?
不動産投資の成功率は低いと言われています。この原因と成功率を高めるコツを解説させていただきました。
不動産投資はなぜ手残りが重要になるのか?
不動産投資はなぜ手残りが重要になるのかをわかりやすく解説させていただきました。
高利回り不動産の定義ってなに?どこから高利回りなの?
高利回り不動産の定義はどうなっているのでしょうか? どこから高利回りになるかも解説しています。
不動産投資をしたいけど貯金(貯蓄)が全くない!大丈夫?
不動産投資をしたいけど貯金が全くないという人は多々いらっしゃいます。その人のために解決策を書きました。
不動産投資で借金をするのは悪?なぜ皆借金をするのか
不動産投資で借金をするのは悪ではありません。その理由をわかりやすく解説させていただきます。
頭金なし!0円で不動産投資を行うことは可能なの?
頭金なしで不動産投資を行うのは可能です。ただし、その分難易度は高くなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ