外壁塗装,やる意味,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

外壁塗装をやる意味って何?

家をリフォームするときに気になるのが外壁塗装を行う意味。

 

外壁塗装をやる意味って何?

 

 

この外壁塗装はなぜやるべきなのか悩んでいる人も多々いらっしゃると思います。

 

 

 

 

 

実は私もなんで外壁塗装をやった方が良いのか全くわからないままでした……。

 

 

 

 

 

しかし、外壁塗装は家を長持ちさせる上で絶対にやった方がいいのですね。

外壁塗装を行うと家が長持ちする

外壁塗装は建物の美観を高めるだけだと思っていませんか?

 

 

 

 

 

恥ずかしながら私はそう思っていました……。正直言ってペンキで塗るだけなのだから大して気にしなくてもいいと思っていたのですが、外壁塗装は外壁を保護するという目的があるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

この外壁塗装をやらないとどうなるのか?

 

 

 

まず、外観がみすぼらしくなっていきます。これだけでも十分なデメリットになりますが、耐久性がどんどん低くなっていくというのも弱点ですね。

 

 

 

 

 

 

 

家って定期的にリフォームしないと長持ちしないんですよ。

 

 

 

 

長持ちする家に住み続けたければ絶対にリフォームが必須になります。このリフォームの1つが外壁塗装なのですが、外壁塗装を行うと以下のようなメリットが発生します。

 

 

 

見た目が美しくなる

 

 

やはりこのメリットはとても大きいですね!

 

 

 

美しい家に住むことによって心も豊かに快適に過ごすことができます。見た目が美しい家に住むのは皆のあこがれであり、いつまでも綺麗なままで家を保ちたければ外壁塗装は絶対に必要なんです。

 

 

 

 

逆に外壁塗装をしないとどんどん汚くなっていきますからね……。

 

 

 

 

見た目が美しくて快適な家に住むことを重視するのであれば外壁塗装がベストです。実は外壁塗装を行うことによって内部にも変化が訪れるんですよ。

 

 

 

 

断熱効果が高まる

 

 

 

はい。これが内部に生じる変化です。

 

 

 

 

断熱効果が高まるのはとてもありがたいですね。具体的にいうと猛暑の日にうだるような暑さに悩まされる日が減るんですよ。

 

 

 

 

 

なぜか?

 

 

 

 

 

 

外壁塗装をしっかり行っている家は断熱効果が高いので夏涼しくて冬は暖かいという理想の住まいを実現することができます。

 

 

 

 

 

その結果、普段使う電気代が減ったりクーラーをつけっぱなしにしなくてすむという利点がございますので、できれば遮熱効果がある外壁塗装を行うとより効果が高まっていいですね。

 

 

 

雨漏りなどを防ぐ働きがある

 

 

 

これはとても重要です。

 

 

 

 

外壁塗装を行わないと水分や湿気に弱くなってしまいます。特に日本は湿気が多い国でございますので、外壁塗装を行うことによって防水性を高めて外壁を傷みから守る必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

雨漏りを防ぐことができるのは塗装自体が外壁を守ってくれるからです。外壁塗装を行うことによって家が綺麗に長持ちするというのはこのような理由があるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耐久性が高まって長く住み続けることができる!

 

 

 

これもとても大きなメリットです。

 

 

 

 

外壁塗装を行うことによって外壁の耐久力を大きく高めることができます。

 

 

 

 

家は常に人を守っているんですよ。

 

 

 

 

 

激しい嵐や雨、台風や紫外線などによって家は刻々とダメージを受け続けています。その代わり人間は家のお陰で快適な生活を満喫することができるのですが、この台風や雨、直射日光から家を守るのが外壁塗装です。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、外壁塗装に最も使われている塗料はシリコン系塗料が多いです。このシリコン系塗料がコストパフォーマンスがとてもいいため、外壁塗装を行うときは人気を集めていますね。

 

 

 

 

 

耐久性に優れている塗装が良ければフッ素系塗料などがございますよ。このフッ素系塗料は六本木ヒルズなどに使われている塗料でございます。

外壁塗装をやるデメリットってあるの?

何事も物事にはメリットとデメリットがございます。

 

 

 

 

当然のことながら外壁塗装をやる上でもデメリットはある……と言いたいのですが、実はほとんどないんですよね。

 

 

 

 

あるとしたら以下のデメリットですね。

 

 

 

 

定期的な塗替えが必要

 

 

 

外壁塗装に関しては定期的な塗替えが必要となります。

 

 

 

 

定期的といっても半年で塗り替えるとかではなく、10年程度のスパンで見れば大丈夫です。

 

 

 

先程解説させていただいたシリコン塗料。こちらのコストパフォーマンスが抜群の塗料を選べば8年から15年は持ちますね。

 

 

 

 

 

 

そのため、一度塗装したら頻繁に塗装し直す必要はないのです。家をキレイに保つ期間は約10年だと思ってくださいませ。

 

 

 

 

 

外壁塗装を行うお金がかかる

 

 

 

 

 

外壁塗装を行うお金がかかるのは大きなデメリットですね。

 

 

 

 

実際に外壁塗装を行うのに80万円から150万円かかってしまったというケースもございます。

 

 

 

なぜここまで値段差が発生するかと言えば使用する塗料の質や値段の差も大きいのですが、一括見積もりを取っているかどうかという差も大きいですね。

 

 

 

 

 

 

 

外壁塗装を行うなら絶対に一括見積もりを取るべきです。なぜならば一括見積もりを取ることによって安くて良心的な業者を見つけることができますし、素人だからという理由でぼったくられることがありません。

 

 

 

 

 

できるだけ安くお得に外壁塗装を終わらせたければ一括見積もりを取るのが賢い選択肢なのですね。一括見積もり自体は無料でございますからね。

 

 

 

 

 

 

外壁塗装を行うなら完全無料で一括見積もりが行えるリショップナビが良いですよ!

 

 

値段を調べたり相場を知ったりする上でも役立ちますね。

 

↓こちらから無料で簡単に外壁塗装の一括見積もりを取ることができます。

 

 

リショップナビ

今持っている土地の値段はいくらかすぐにわかります!

関連ページ

チョーキング現象が発生したら外壁塗装を行う時期!
チョーキング現象についてわかりやすく解説しています。チョーキング現象は実は大変危険な状態なのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ