新築ブルー,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

新築ブルーはとても辛い……。新築ブルーを回避するために大切なこと

新築ブルーという言葉は意外と有名です。

 

 

新築ブルーはとても辛い……。新築ブルーを回避するために大切なこと

 

簡単に解説すると、新築ブルーという状態は「新築なのに全くワクワクしない状態」を指します。はっきり言ってそのまんまの意味なのですが、新築ブルーに陥ってしまう人が意外と多いのです。

 

 

 

 

 

 

なぜ?

 

 

 

 

どうして新築を建てるのに新築ブルーになるの?

 

 

 

 

 

新築ブルーになる原因と対処法をわかりやすく解説させていただきます!

すでに新築ブルーになってしまった人へ

その前にすでに新築を建築済みで新築ブルーになってしまった方へお伝えしたいことがあります。

 

 

 

 

 

 

新築ブルーになってしまった自分を責めないでください。

 

 

 

 

新築ブルーになるのはわがままではありません。中には、「せっかく新築を買ったのにこんなに落ち込んでしまう自分は贅沢なのだろうか?」という形で落ち込む人もいるのですが、そこは仕方ありません。

 

 

 

 

土地によっても相性ってあるんですよ。

 

 

 

 

 

当然です。日本は広いんです。自分にとってダメだと感じた土地もあれば、他の人にとっては相性が良い土地もあります。

 

 

 

 

 

 

その逆も然りで、他の人にとってはいまいちでもあなたにとって相性の良い土地ってあるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

例えば子育て中であれば保育園や幼稚園が近くにないと不便だったり、自分は体が弱いのに車の通行量が多い国道沿いに家を建ててしまったりして新築ブルーになることはよくあります。

 

 

 

 

 

 

ただ、何度も言いますがこれは相性の問題なので仕方ありません。

 

 

 

 

 

人間関係と一緒ですよ。

 

 

 

 

人間関係でも合う合わないはございます。自分にとって合わないと思った相手でも、他の人からの評判は悪くないということはよくあります。

 

 

 

 

 

 

どちらが悪い、どちらが正しいというより、ただ単に相性が合うか合わないかって間違いなくありますからね。

 

 

 

 

 

家も一緒です。

 

 

 

最初は自分の理想を詰め込んで新築を建築したとしても、いざ住んでみると収納スペースが足りなかったり間取りが悪かったり日当たりが悪かったりして何かしら足りない部分が見つけるものです。

 

 

 

 

 

 

逆に自分にピッタリとあった家も存在するんですよ。これは間違いないです。

 

 

 

 

 

よく家は3回建てないと納得できないという言葉がございますが、この言葉は的を射ています。

 

 

 

 

 

 

納得する家を建てるまでが家探しという部分がございますので、新築ブルーになってしまったのであれば後は売却するしかありません。

 

 

 

無理して住み続けても嫌なものは嫌ですし、気分が落ち込みますからね。

 

 

 

 

 

 

 

一括査定を利用すればどこよりも高く家を売ることができるので、どうしても新築ブルーが抜けないのであれば試しに一括査定を依頼するのが良いですよ。

 

 

 

 

こちらが一括査定サービスでございますね。

 

 

 

あなたのお家、今いくら?不動産一括査定で最高価格を知ろう!

 

 

 

一括査定を行うことによって予想以上に高い価格で自宅を売却することができます。その売却したお金で別の自宅を購入することもできますので、無理をして我慢し続ける必要はないのです。

新築ブルーになりやすい人とは?

おまたせいたしました。

 

 

 

 

さて、新築ブルーになりやすい人の特徴について解説させていただきます。
新築ブルーはとても辛い……。新築ブルーを回避するために大切なこと
このポイントを覚えておけば建築する際に新築ブルーになることを避けることができますので、覚えておくと大変役に立ちます。

 

 

 

 

自分の理想にこだわりすぎてしまう

 

 

 

これは新築ブルーになりやすい人の特徴ですね。

 

 

 

間取りから設備まであれこれとこだわって新築一戸建てを建築するのだけれども、いまいち物足りない……。

 

 

 

 

 

建築する前に抱いていた高揚感はウソのように消え去っており、それどころか自宅の使い勝手の悪さに悩むばかり。

 

 

 

 

特に多いのは窓の位置ですね。

 

 

 

 

 

これはデザイナーズマンションでも同じような問題が起こったことがあるのですが、デザインが良いマンションって綺麗なのですが住みにくいことが多いんですよ。

 

 

 

自分の理想を詰め込みすぎて、結果的に住みにくい家になってしまったということはよくあります。

 

 

 

 

 

 

だから正直言って住みやすさを求めるのであれば普通に売られている住宅が良かったりするんですよね……。

 

 

 

 

 

 

このあたりは信頼できる住宅メーカーに相談すれば解決できる問題です。プロの意見もしっかりと取り入れて家づくりを行えば住みやすさ抜群の理想の家を建てることがてきます。

 

 

 

 

家にはこだわるけど土地にはこだわらない

 

 

 

家には凄くこだわるのですが、土地にはこだわらない人は意外と多いです。

 

 

 

 

むしろ土地は安ければ安いほど良いと思っていたり……。

 

 

 

 

 

確かに家にこだわるのは大切ですよ?

 

 

 

 

 

しかし、土地にもこだわる必要があるのです。

 

 

 

例えば子育てをしているのに保育園から遠いと億劫ですし、毎日スーパーに買い物に行きたいのに徒歩圏内で行けないというのも本当に大変です。

 

 

 

 

大切なのは立地条件であり、理想の家づくりを行って新築ブルーを回避したければ自分の今の状況にあった土地を選択する必要があります。

 

 

 

 

 

例えば車通勤が確実で将来子供も車に乗る予定があるならば駐車スペースを2台確保するといった、長期的に生活する上で大切なポイントを抑えると効果的ですよ。

 

 

 

 

あとは縦列駐車を避けるとかですね。(縦列駐車は何度も行うと次第に面倒くさくなります)

 

 

 

住宅ローンを多額に借りすぎて生活に不安が残る

 

 

 

 

 

これもあるあるですねー。

 

 

 

厳密に言えばこれも新築ブルーに含まれるのか微妙なところがあるのですが、せっかく綺麗でピカピカの新築に引っ越したのに住宅ローンが多額に押しかかってきて不安になる人も多いです。

 

 

 

 

 

これは対処法は簡単です。

 

 

 

 

まずは建築費用を抑えること! 建築費用を抑えることによって住宅ローンの多額の借り過ぎを抑えることができます。最近はローコストメーカーで住宅を建てる人が多いので、ローコストメーカーの検討をしてみるのも良いですね。

 

 

 

 

 

後は頭金を沢山用意することですね。これは確実で安心できる方法です。

 

 

 

 

 

 

もし頭金を多く用意できないのであれば、やはり一括見積もりを使って家の建築価格が安いメーカーに新築をお願いするのが一番ですね。

メーカーの相性もある

先程解説したポイントを抑えれば新築ブルーを回避することができますが、新築ブルーになってしまう原因はメーカーにもあるんですよ。

 

 

 

 

 

自分と相性が良い住宅メーカーを選んだ方が良いです。

 

 

 

 

例えば住宅メーカーによっても強みは異なるんですね。

 

 

 

 

 

ローコストで新築が建築できることを得意とするメーカーも存在すれば、地震に強くて一度も倒壊したことがないメーカーも存在します。

 

 

 

最終的にどこが良いかというのはあなたのフィーリングの問題になってきますので、難しいことは考えないでお気に入りのメーカーを見つけるのが良いですよ。

 

 

 

 

 

 

一括見積もりを活用することによって家の値段や自分の理想の間取り計画などを無料で作ることができますので、新築ブルーを回避するためにまずは一括見積もりを利用して自分のお気に入りの家を見つけるのが良いですね。

 

 

 

関連ページ

住宅購入のタイミングはいつがベスト?
住宅購入のベストなタイミングをご紹介しています! このタイミングを狙えば大丈夫ですよ。
中古住宅に投資って本当に儲かるの?
中古住宅に投資するのは本当に儲かるのでしょうか? 儲かる仕組みを解説します!
家賃は途方もなく無駄すぎる!家賃を支払うべきではない理由とは?
はっきり言って家賃ほど無駄な支出はありません。家賃を支払うべきではない理由をまとめて当記事で解説しました。
家賃はもったいない!家賃ほど無駄な支出はあるのか?
家賃ほどもったいないものはありません。家賃がなぜもったいないのか、そして家賃を払わなくて済む方法を解説しています。
中古マンションは購入すべき?賃貸が良い?
中古マンションは購入した方が良いのか賃貸が良いのか、この疑問にお答えいたします!
賃貸はもったいない!家賃は完全な捨て金です
賃貸生活を送るのは非常に勿体ないです。家賃は完全な捨て金であるため、持ち家を手に入れるのが非常に賢い選択です。
賃貸とマイホームはどちらがお得かなんて答えが出ている
マイホームと賃貸でしたら間違いなくマイホームの方がお得です。その理由を多角的に解説させていただきます。
マンションは購入と賃貸どちらが良い?比較してみました!
マンションは購入と賃貸どちらが良いのでしょうか?比較してどちらがお得か解説させていただきました。
マイホーム貯金はどうやって行うべき?最適な貯め方を教えます
マイホームを購入するのに有効なマイホーム貯金。このマイホーム貯金の貯め方を詳しく解説しました!
マイホームを購入すべき時期は一体いつが最適なの?
マイホームを購入すべき時期は一体いつが最適なのでしょうか? 最適な時期を解説させていただきます!
間取りが原因で新築ブルー。一体どうしたら良い?
間取りが原因で新築ブルーになってしまった場合はリフォームするか売るしかありません。その理由を解説しています。
賃貸と分譲はどちらが得?買うべき?
賃貸と分譲はどちらが得なのか気になる人のために、わかりやすく解説させていただきました。
マイホームは頭金なしでも購入できる!むしろその方が賢い?
マイホームは頭金なしでも購入することができます。買えるときに買う方が賢いという理由を解説させていただきます。
独身で家を買うってアリ?実は賢い選択です!
独身で家を買う人は正直いって物凄く賢いです。なぜ賢いのか?その理由を明確に解説させていただきます。
50代で家を買う!実はそれは賢い選択なんです
50代で家を買うのは本当に正しいのでしょうか? 実は老後のために家を買うのはとても正しいです。
家賃は正直払いたくない。それ、正論です!!!
家賃って本当に無駄ですよね。家賃を払いたくないというのは正論です。
お金がないけど家が欲しい。これって高望み?
お金がないけど家が欲しいというのは高望みではありません。お金がなくても家を手に入れることは可能です。
1000万で買える家はある!実は新築でも可能です
1000万円で買える家は沢山あります。実は新築でも購入することができるんですよ。
30代でマンションを購入する!堅実で賢い選択です
30代でマンションを購入するのは堅実でとても賢い選択です。家賃をかからない方法を選択するためにもマンションは買った方がいいです。
40代で住宅ローンを頭金なしで組むのは無謀?
40代で住宅ローンを頭金なしで組むのは無謀でしょうか? 本音トークで回答します。
持ち家のリスクって一体なに?買わない方が良いの?
持ち家を購入するときになって悩むのは持ち家を保有するリスクです。このリスクをわかりやすく解説させていただきました。
独身が戸建てを購入!?はい、それ私です!
独身の立場で戸建てを購入するのはとてもメリットが大きいです。戸建てのメリットを解説させていただきます。
不動産を購入する方法をわかりやすく解説しました!
不動産を購入する方法を知りたい人のために、わかりやすく解説させていただきました!
持ち家とマンションはどちらが良い?比較検討してみました!
持ち家とマンションはどちらが良いのでしょうか? 持ち家とマンションの長所と短所を比較しました。
マイホームなんていらない!それ、本音ですか?
マイホームなんていらないという人のために希望を与えるための記事を書かせていただきました。
持ち家があるメリットは沢山!賃貸と比較してみた
持ち家があるメリットは沢山存在します。賃貸と比較してみました。
一軒家の頭金は平均でいくら?実は個人差が激しいです!
一軒家の頭金は平均でいくらか気になる人に対し、頭金の平均データを調査してみました。
マイホームの買い方とは?実はマイホームを買うのは簡単です
マイホームの買い方が気になる人のために、マイホームを購入する方法を解説させていただきました。
公務員が家を購入するのってどう?実は手堅い選択です
公務員の方が家を購入するのは手堅くて賢い選択だと断言することができます。その理由を解説しています。
アパートと一軒家。買うならどっち?
アパートと一軒家のどちらを購入するか悩んでいる人に対し、買うならどちらが良いかわかりやすく解説させていただきました。
持ち家を購入するのは本当に良いの?体験談を話します
持ち家を購入するのは本当に良いのでしょうか? 体験談を載せました。
狭小住宅が得意で強いハウスメーカーはどこ?
狭小住宅が得意で強いハウスメーカーはどこかわからないと悩んでいる人のためにわかりやすく解説しました!
若い夫婦が家を買うのは賢い?家を選ぶ基準は?
若い夫婦が家を買うのはとても賢い選択肢です!家を選ぶ基準も解説しています。
10坪の土地に家を建てるって可能なの?
10坪の土地に家を建てるのは可能です。その方法と必要な予算などを解説させていただきます。
狭小住宅の土地を探して購入するにはどうしたら良い?
なかなか見つからない狭小土地を探して購入するための方法を解説させていただきました。
貧乏だけど家が欲しい!貧乏でも家を建てることは可能です
貧乏だけど家が欲しい!という人は多いです。貧乏でも家を建てることは可能です。
雑種地に家を建てることは可能なの?はい、可能です!
雑種地に家を建てることは可能です! その理由と、家を建てる方法を解説させていただきます。
田舎の土地を買うときに役立つ無料サービスはこちら!
田舎の土地を買うことを検討している人に対し、掘り出し物の田舎の土地が手に入る無料サービスをご紹介させていただきました。
狭小の土地探しは一体どこで行うべき?
なかなか出回らない狭小地を簡単に見つける方法を解説させていただきました。
10坪程度の土地を購入する方法とは?
10坪の土地を購入するための方法を解説させていただきました。ポイントは未公開物件を狙うことですね。
家賃を支払うのは馬鹿らしい!買った方が良いその理由とは?
家賃を支払うのは非常に馬鹿らしいです! なぜ持ち家を手に入れた方が良いのかその理由を解説させていただきます。
一生賃貸なんて嫌!嫌は強いエネルギーになる
一生賃貸なんて嫌と思っている人に対し、賃貸生活から脱出する方法を解説させていただきました。
借家は恥ずかしい?今は誰でも家が買える時代です!
借家は恥ずかしいと考えているあなたへ、今は誰でも家が買えるということを解説いたしました。
家が買えないから離婚!実はマイホーム購入の離婚問題は多いんです
家が買えないという理由で離婚を検討する人はとても多いです。実はマイホーム購入で離婚問題に発展するケースはとても多いのですね。
家を買うのが恐ろしい!?家を買った後お金に困るのはガチ?
家を買った後にお金に困ってしまうのは本当なのでしょうか?体験談と対策法を解説しました。
老後の住まい情報
老後の住まいに関する情報をまとめています。

ホーム RSS購読 サイトマップ