マンション,買い替え,売れない,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

マンションを買い替えしたいのに売れないときの対処法は?

今持っているマンションを売って買い替えしたいのに売れない!!!

 

 

 

 

 

一体どうしたら良いの……? いっそのこと大幅に値下げしちゃおうか。

 

 

 

 

このように悩んでいる人はとても多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今のマンションを売却して買い替えしたいというのは非常に良いですね。生活スタイルが変われば自分の望むマンションも変化します。

 

 

 

 

 

更に言えばマンションはできるだけ早く売った方が経年劣化による価値の下落がなくなるので、売却は早ければ早いほど得なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

厄介な管理費や修繕積立費もなくなりますからね。

 

 

 

 

 

さて、今のマンションを売却したいけど売れないという場合は決定的な原因が隠されています。

 

 

 

 

 

売りたくても売れないマンションを売るために一つ一つわかりやすく解説させていただきます。

マンションは住みながら売って大丈夫です!

マンションを買い替えするときに迷うのは、住みながら売るか引越し先を見つけてから売るかということですよね。

 

 

 

 

 

 

大多数の人が今のマンションに住みながら売ることを選択しています。

 

 

 

 

 

これを「売り先行」といいます。

 

 

 

 

 

新しい住まいにワクワクして買い先行という形で物件探しを行いがちですが、新しい住居はどの程度のレベルが選べるかは今のマンションの売却額によって変わるのですね。

 

 

 

 

 

そのため、マンションをできるだけ高い値段で売ることが次の住まいを充実させる鍵になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ売り先行の売却戦略が良いのですね。

 

 

マンションを買い替えしたいのに売れないときの対処法は?

 

 

 

 

 

売り先行は現在の家の売却代金を新居の購入資金に充てる方法になるのですが、実はこの方が堅実に物事をすすめることができるのです。

 

 

 

 

 

 

なぜならばマンションを確実に買い換えることができるからです。

 

 

 

 

 

売り先行だと確実性が高い

 

 

 

 

 

売り先行の利点は以下の通りになりますね。

 

 

 

 

 

・現在持っているマンションの売却金額がわかる

 

 

 

 

売り先行だと現在持っているマンションの売却金額が分かった後にマンションを買い替えすることができます。

 

 

 

 

 

 

正直言ってこちらの方が確実だし安全なんですね。現在持っているマンションがどのくらいの価格で売れるかは神のみぞ知ることでございますし、マンションを売却した後に買い替えを始めても十分間に合いますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションは買うより売る方が何倍も難しいのです。

 

 

 

 

だからこそ、売ることに熱意を注ぐべきなんです。マンションを買うのは売った後でも十分でございまして、マンションをできるだけ高く売ることに意識を集中させましょう。

 

 

 

 

そうすればマンションが売れないという悩みを解決することができますよ。

 

 

 

 

 

 

・マンションが売却し終わるまで住み続けることができる

 

 

 

 

 

 

売り先行の優れた点は、マンションが売却し終わるまで住み続けることができることです。

 

 

 

 

 

 

買い先行で新しいマンションを買って今のマンションの売却活動を続ける場合、自分が住んでいないマンションに毎月修繕積立費と管理費を支払い続ける必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

この支出を気にしないほどのお金持ちの方ならどうでも良いのですが、正直言って修繕積立費と管理費は高いです。家計を確実に圧迫していきます。

 

 

 

 

更に固定資産税も支払う必要がありますからね……。

 

 

 

 

 

このリスクを避けたければ買い先行の方が良いのです。

 

 

 

 

 

買い先行の場合、今のマンションに住みながら売却活動を続けることができるので無駄がないんですよね。住みながらの売却になるので修繕積立費や管理費といった固定費も払っても惜しくありません。

 

 

 

 

 

むしろ新しい住居を見つけて家賃や固定費を支払いながら、今のマンションの修繕積立費や管理費を支払い続ける方が経済的に酷ですよ。

 

 

 

 

 

 

住みながらの売却だと売却が決まった後に引っ越せばいいのでとても楽なのです。売却が決まった後に新たなマンションを買った方があなたのためになります。

 

 

 

 

 

 

・内見のお客様にマンションの長所・短所を説明することができる

 

 

 

 

 

 

今持っているマンションがなかなか売却できないという人は、内見のお客様の質問に積極的に答えるのが良いですよ。

 

 

 

 

 

実は中古マンションを購入する人の大半が「マンションに住みながら売却することを悪く思っていない」という調査結果が存在し、むしろ家主さんがいらっしゃった方が良いという人もいらっしゃるのです。

 

 

 

 

 

 

 

なぜか?

 

 

 

 

理由はとてもシンプルです。家主さんがいる状態でマンションを内見した方が、マンションの長所や短所を具体的に聞くことができるからです。

 

 

 

 

 

 

不動産会社の営業マンの説明を聞くよりも、実際に住んでいる方の説明を聞いた方が安心することが多いです。

 

 

 

 

内見のお客様がマンションに訪れたら親切丁寧に売却理由を教えて差し上げましょう。

住宅ローンが残っていても買い替えは可能

マンションを買い替えするときに気になる情報ですが、住宅ローンが残っていても買い替えは可能です。

 

 

マンションを買い替えしたいのに売れないときの対処法は?

 

 

 

 

特に売り先行の戦略だと買い替えローンを利用する方が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションを売却する場合、今抱えている住宅ローンを一括で返済する必要がございます。

 

 

 

 

 

この場合、マンションの売却価格だけで一括返済できたら問題ないのですが、万が一売却価格がローン価格に満たない場合もございます。

 

 

 

 

 

 

そんなときに役立つのが買い換えローンです。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、あなたは住宅ローンが3000万円残っているのにマンションの売却額が2500万円だったとします。

 

 

 

 

 

この場合、一括返済するのであれば500万円も足りません。新しく買い替えするマンションが2700万円である場合、合計3200万円の資金が必要なのです。

 

 

 

 

 

 

このときに3200万円の住宅ローンを丸々借り入れするのが買い換えローンでございます。

 

 

 

 

 

 

買い換えローンを利用することによって今の住宅ローンは一括返済することができます。そのため、二重ローンのリスクはございませんし、買い替えもスムーズに行うことができるのが利点です。

 

 

 

 

 

 

 

 

住み替えローンを活用すれば住み替えすることは可能なのでご安心ください。今のあなたにとって大切なのは、「今持っているマンションを売却することに集中すること」なのです。

 

 

 

 

 

 

マンションを売却しないと買い替えの話も進みませんからね。

マンションに需要がないとなかなか売れない

さて、マンションを買い替えたいけど売れなくて困るという人は、もしかしたらマンションが原因かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

マンションにも売りやすいマンションとそうではないマンションがあるんですよ……。

 

 

 

 

 

このポイントに該当するマンションは売りにくいです。しかし、対処法も記載しているのでご安心くださいませ。

 

 

 

 

 

駅から遠いマンションは売りにくい

 

 

 

駅から遠いマンションは売りにくいです。

 

 

 

 

 

マンションは立地が命でございまして、大抵の方は立地の良さや利便性の良さを高く評価してマンションを買うんですよ。

 

 

 

 

 

 

そのため、駅チカ物件であればとても売りやすいのですが、駅から遠い物件であればマンションは売りにくくなります。

 

 

 

 

 

ただ、立地に関してはどうしようもないのでその他の要素で差別化する必要があります。

 

 

 

 

価格を安めに設定したり室内を綺麗に飾り付けたりすることによって今持っているマンションを売ることができるようになりますよ。

 

 

 

 

 

 

少ない投資で大きな効果を期待するのであれば間接照明をつけるのが良いです。

 

 

 

 

マンションを買い替えしたいのに売れないときの対処法は?

 

 

これが意外と効果的なんですよ! 間接照明をつけることによって日当たりの悪さもある程度解消することができますし、室内がお洒落に明るくなって内見の方の購買意欲が向上します。

 

 

 

 

 

 

間接照明自体も値段はそこまで高くないので、マンションを高く売るのに役立ててくださいませ。

 

 

 

築年数が経過している

 

 

 

築年数が経過しているマンションも売りにくいですね。

 

 

 

 

 

ただ、築年数に関してもどうしようもありません。築年数が経ってしまったマンションも売れることは売れるのですが、価格が落ちてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

築古マンションはどうしたら良いのか?

 

 

 

 

 

 

一番良いのはリフォームしたりリノベーションしたりすることです。美しいマンションの部屋を作ってしまえばリノベーション物件として高く売り出すことができますよ。

 

 

 

 

 

 

また、リノベーションする気がないのであればできるだけお買い得価格にするしかないですね。

 

 

 

不動産会社に売る気がない

 

 

 

 

意外と盲点なのがここです。

 

 

 

 

 

 

なかなかマンションが売れなくて買い替えできないという人は、不動産会社選びを適当に行っている可能性が高いです。

 

 

 

 

 

 

 

それではいけません。不動産会社といってもピンからキリまで存在し、できるだけ高い価格でマンションを売りたければ不動産会社選びをしっかりする必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

といっても難しいことはなく、一括査定を利用することによって優良不動産会社を簡単に見つけることができるので、この問題は簡単に解決します。

マンションを買った不動産会社に売却を依頼すべきではない

なかなかマンションが売れないと悩んでいる人は、マンションを買ったときと同じ不動産会社に売却を依頼していることが多いです。

 

 

 

 

 

 

意外とこれが売れない原因になったりするんですよね……。

 

 

 

 

 

先程もちらっと解説させていただきましたが、不動産会社だったらどこでも良いわけではありません。できるだけ高く早くマンションを売りたければマンションを売るのが得意な不動産会社に任せるのが一番なんです。

 

 

 

 

 

 

 

不動産会社にも色々ございますからね。

 

 

 

 

 

一戸建てを売るのが得意な不動産会社や、マンションを売るのが得意な不動産会社。様々な不動産会社が存在します。

 

 

 

 

 

 

マンションを売るのに決定的に重要なのは不動産会社選びです。正直言って他の部分は枝葉だと思ってください。

 

 

売り出し時期に気をつけよう!

 

これは賛否両論が分かれる意見なのですが、中古マンション売却には繁忙期と閑散期が存在します。

 

 

 

 

 

一般的には転勤を決め手として1月から3月にかけてマンションの購買意欲が高くなります。つまり、この季節がマンションの繁忙期なのですね。

 

 

 

 

 

そして新年を新しい住居で過ごしたいという人が9月から11月頃までに購入を決める傾向がございます。

 

 

 

 

 

このどちらかが繁忙期なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

逆に言えばこれら以外の季節はマンションが売りにくいのです。

 

 

 

 

 

 

 

といっても季節に関してはそこまで気にする必要はありません。

 

 

 

 

 

 

この繁忙期、閑散期に関しては賃貸より需要が大きいわけではありませんから。中には繁忙期など存在しない!とおっしゃる人もいらっしゃり、マンションはいつでも売れるのですね。

 

 

 

 

 

 

売却時期に関しても枝葉に過ぎません。

一括査定を利用して営業力が高い不動産会社を見つけるべし!

やはりマンションを買い替えするために大切なのは不動産会社選びなんですよね……。

 

 

 

 

 

 

一度一括査定を利用したら驚きますよ。

 

 

 

 

 

私も一括査定を利用したことがあるのですが、自宅の価格が300万円以上も違ってびっくりしました。

 

 

 

 

 

逆に言えば適当に不動産会社を決めてしまえば300万円以上も損するのですね。

 

 

 

 

 

 

 

査定額はマンションを売るときの自信の現れになります。不動産会社もできるだけ高い値段でマンションを売った方が仲介手数料が大きく手に入るから嬉しいんですよ。

 

 

 

 

 

 

あなたも売却価格が高くて嬉しいという両者得の関係を築けるのですね。

 

 

 

 

 

どうしてもマンションが売れないのであれば以下の一括査定サービスを利用してみてください。

 

 

 

マンションの売却にとても強い素晴らしい不動産会社が見つかりますよ。

 

 

マンションを最高値で売るのに利用すべき一括査定サービスはこちら!



1位 スマイスター不動産売却








スマイスターは非常に有名なサービスでございまして、マンションを高く売るならスマイスターを利用すべし!と言われるくらい有名です。



査定のための入力が45秒で終わるのも大きな魅力。



スマイスターは非常に知名度が高い優良サービスなのですが、実はイエイも利用してスマイスター不動産売却も利用するという方は意外と多いのですね。





マンション売却価格をできるだけ高く狙うのであれば優良不動産会社と数多く提携している一括見積もりサービスを狙うのが良いのですが、スマイスター不動産売却も大手不動産会社から優良不動産会社といった様々な会社と提携しているため、マンションを高く売るのに役立ちます。





できるだけ高い値段でマンションを売りたければ、スマイスター。堂々の1位ですね!






2位 イエイを利用してマンションの一括査定を行う。





あなたのお家、今いくら?不動産一括査定で最高価格を知ろう!





2位に輝いたのはイエイ。







イエイは不動産業界やネット業界全体で有名な不動産一括査定サイトでございまして、業界大手の不動産査定サービスを利用したければイエイがいいですね。



利用者数は300万人以上を突破しています。




マンションを高く売るのに非常に役立つサービスでございまして、多くの方がイエイを通じてマンションの高額売却に成功しています。




できるだけ高く売るならまずイエイからという人もいるほど!




無料査定依頼は1分で終わるのでスマイスターには劣りますが、納得の2位に選ばせていただきました。

関連ページ

マンションから一戸建てに買い替えする際にやるべきこととは?
マンションから一戸建てに買い替えするときにやるべきことをわかりやすく解説しました!これさえ読めば買い替えは大丈夫です。

ホーム RSS購読 サイトマップ